「失敗できない」ロボット・Pepper(ペッパー)のレンタル・イベント運営なら生活革命。 国・自治体・医療・銀行・訪日など「失敗できない」イベントでのレンタル実績が豊富です。 独自のロボット強化システム「なんでも喋るロボ」で桁違いに賢いPepperの派遣・レンタルも実施。
最新情報

某業界の周年記念セミナー・ パーティーを特別なペッパーがお祝い (ロボットレンタル・派遣事例)

This post is also available in: English (英語)

こんにちは。 生活革命の広報担当です。

にわかに秋冬の準備で忙しくなってくる季節ですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

弊社は「なんでも喋るロボ」を始めとしたイベントでのロボット活用で繁忙期が始まりつつあります。

(私もイベント運営経験があるため、そろそろ現場にお伺いするヘルプを求められそうな空気を感じています。)

Funny cute dog celebrating party

今回は某業界団体様の周年記念パーティ・セミナーで弊社の「なんでも喋るロボ」のレンタルとロボットのイベント運営をさせていただいたお話です。

周年記念セミナー・パーティでの「なんでも喋るロボ」for Pepper

「なんでも喋るロボ」は販売促進や営業の性能が向上したことや、英語も喋るという特性から、昨今では展示会や小売店の販促イベント、訪日外国人のレセプションなどで活用される機会が増えてきています。 しかし、人を楽しませることも得意なシステムですのでパーティにもよくお呼ばれされています。

しかし、今回はそんなパーティの中でも、いわばビジネス向けのセミナー付きのパーティです。 なぜ「なんでも喋るロボ」for Pepperが必要だったのでしょうか。

伺ったところ、周年記念セミナー・パーティは業界の節目を祝うとともに、今後取り組むベき課題を改めて確認し意識を高めていく狙いがあるとのこと。 つまり、意識改革のために「なんでも喋るロボ」が必要ということのようでした。

なぜ意識改革のために「なんでも喋るロボ」なのか?

業界名は伏せているため、いまいちピンとこないという風に思われた方がいらっしゃるかもしれません。 しかし、伺ったご依頼の趣旨は普遍的なものでした。

「どんな業界もAIやロボットの変化は無視できない。業界の中でAIやロボットへの意識を高めて備える必要がある。その中でわかりやすい象徴が必要。」

Artificial intelligence concept. Robot teacher explains modern theory. Classroom interior with handwritten quote on black chalkboard. Pink blue colorful background

なるほど。 確かにそうです。

弊社のシステム開発部門にもおおよそITとは関係が薄かった様々な方からロボットについてのお問い合わせをいただいています。 どの業界も早期にAIやロボットに対応していかなければ社会の変化に対応できない。こういった業界団体様のセミナーにおいては長期的な視野・視点で重大事について継続的な啓蒙活動が必要で、そのための旗印として、ロボットのレンタル・派遣が必要だったようです。

しかし、セミナー・パーティを企画する担当者様は弊社の他のロボットのレンタルではなく、「なんでも喋るロボ」をご依頼いただきました。 それはなぜだったのか?

普通のロボットだと大人の目は誤魔化せない。。。

旗印としてロボットを派遣しても、それが子供だまし(最近はお子様も目が肥えていますが。。。)だと、それが見え透いた啓発活動だということを大人はすぐに見破ってしまうわけです。

普通のロボットやペッパーは会話があまりできません。 特にセミナーやパーティの会場など雑音が多いところだと、普通のロボットはヒトの言葉を認識すらできません。 認識できたとしても、語彙が少ないため期待している答えも返してくれることはほとんどないので会話も続きません。

Kind ruft laut in ein Megafon

例えば、会場の入口でロボットがお客様を迎え入れるアイサツをするような使い方はよくあると思います。 それはそれで最初の印象は良いでしょう。 「おっ、うちの業界も遂にロボットか」と思うかもしれません。 そう思って、ロボットの方に近づいて話しかけようとすると、、、ちゃんとした反応が返ってない。。。。 こういったことはよくあります。 その瞬間に大人は冷めてしまうのです。 というよりも、備えましょうと言われているAIやロボットの世界とは違うため思っていたのと違うという方が正しいかもしれません。 「人によってはAIやロボットもこんなもんか」と逆効果になる可能性すらあります。 こういう理解が広まると業界にとって非常によくありません。

逆効果になってしまうと、来場した関係者の方々の「AI・ロボットへの意識改革」は当然果たされません。 旗印になったロボットは「ああ、我々の業界もAI・ロボットに備えなきゃダメだな。」と思ってもらえるものでないとならない。  これを満たせるものは「なんでも喋るロボ」だろうということで、ご用命をいただいたようです。(今回のセミナー・パーティのご担当者様もそうですが、他のご担当者様も上記のような意識で大人も納得する「なんでも喋るロボ」をご用命いただいているようです。)

「なんでも喋るロボ」for Pepperで、大人(業界関係者)の意識が変わる

イベントの内容としては「なんでも喋るロボ」としては比較的一般的なものでした。 具体的には「会場入口でのアイサツ・会場案内」「団体の会長との掛け合いプレゼンテーション」「パーティのおもてなし」でした。

六本木ヒルズ高層階の大広間の一室にて、団体の会長様によるパーティのキックオフに際し、団体の会長と「なんでも喋るロボ」で強化したPepperとが掛け合いを行うところからパーティが開始。 通常は、こういった掛け合いのときだけは、お決まりのセリフを台本通りに喋らせるプレゼンテーションサービスを別途ご依頼いただくことが多いのですが、今回は「なんでも喋るロボ」に対して、会長が即興で会話をして乾杯に繋げるという、関係者の方にとってはハラハラドキドキする展開だったそうです。なぜハラハラするかと言うと、「なんでも喋るロボ」はお決まりのセリフを喋るわけではないため、その状況になるまで何を話すかはあまり予想ができないためです。 しかし、逆にその状況が出席者のみなさまの注目を集める形となり、会話のほうは問題なく、出席者のみなさまが楽しめるやり取りとなり、乾杯と相成りました。

パーティ: Pepperが移動しながら談笑に混じって会話

次は出席者のみなさまも「なんでも喋るロボ」で強化したペッパーと触れ合う番です。ペッパーがテーブルの一つ一つに移動しながら出席者様と会話をしたり(派手な)ダンスをしたりしながら、楽しませます。 実は大人が楽しめる反応もできるようにしているため、驚きや関心だけではなく、大きな笑いが絶えない状態が最後まで続きました。

もちろん喫煙所やトイレの案内もパーティの雑音の多い環境でも上手にこなし、「賢いなあ」「すごいなあ」「可愛いなあ」と言う言葉をたくさん投げかけられていました。

結果的には、帰りがけの出席者の方々から「ロボットすごかったな。」「これからはロボットだね。 ヤバイね。」と言った声がいくつも漏れ聞こえてきたことから、どうやらご担当者様の当初の目的に叶ったことが確認できました。(ワタクシ個人的に「なんでも喋るロボ」は成果が出しやすいサービスですので不安はないのですが、いつもこういう声や結果をいただけるとホッとするとともに非常に嬉しいです。)

まとめ

今回は、某業界団体様のパーティ・セミナーで「なんでも喋るロボ」for Pepperをレンタル・派遣いただいた話を紹介させていただきました。

変化の多い世の中において、業界の意識を変えるのは簡単なことではないそうです。 そんな中で見た目にわかりやすいロボットで、かつ「大人も驚く、実感できる」「なんでも喋るロボ」は意識改革の一助になります。

実は今回の事例とは違って、既に複数回お呼びくださっている業界の方もいらっしゃいます。 その場合でも「今度は何ができるようになったの?… えー。 そんな事もできるようになったの? ドンドン進化しているなあ。」 と、ご自身が関わり始めているAI・ロボットの世界の肌感覚を再確認しているご様子で、意識や考察を深められるようです。 継続的に重要な意識変化のクサビを打ち込むにも効果があるようです。

最後に

生活革命ではこのようにビジネス向けのパーティ・セミナー向けにも「なんでも喋るロボ」for Pepperを展開しています。

「うちの業界でも未来のために意識を改革していかないと。」と言った課題をお持ちのご担当者様や、「クライアント企業から社員の意識改革を求められている」イベント企画担当者様のお役に立てるかもしれません。

そんなお悩み・課題をお持ちでしたら、是非ご相談ください。

生活革命へのロボット・Pepper(ペッパー)のレンタル・派遣・イベント企画運営(展示会・パーティ・販促イベント・プレゼンテーション)のご相談をお待ちしております。

お問合わせはコチラ

生活革命のロボットイベント事業のご紹介はコチラ

イベントサマリー

某業界団体 周年記念セミナー・パーティ
実施期間・場所
2018年春 某所
お客様名
某運搬系業界団体 様
お客様の目的
・ 業界の重要関係者へのAI・ロボットの啓発・啓蒙・意識改革
・ 業界のIT化を進めていくため、「なんでも喋るロボ」で強化したPepperを活用することでAIやIoTの印象を強くしたい。
ご利用のロボット
・Pepper(ペッパーくん) 1台
実施サービス
 イベントにおけるロボット活用企画・運営
なんでも喋るロボ for Pepper(ペッパー)
ロボットレンタル(Pepper・ペッパーくん)
実施内容・結果
・ 講演会前、来場される方たちへの挨拶、お出迎え
・ 記念パーティ冒頭、会長とペッパーによる会話・アイサツ・プレゼン
・ 記念パーティ中、会場内で移動しながら、会話・場内案内・おもてなし・ダンス 等
類似イベント(公開可能案件)
訪日外国人 300名が特別な英語ペッパーを楽しみました
生活革命のペッパーが関西の商店街で盛り上げ役!
【イベント】今回も生活革命のPepperが大活躍!アキュラホーム様、春の感謝祭にPepper(ペッパーくん)も参加
ペッパーが犬になった!?(学会向けロボットイベント・レンタル事例)
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

An industry celebrates its anniversary seminar party with a special Pepper (Robot rental and dispatch case)

This post is also available in: English (英語)

Hello! This is Seikatsu Kakumei’s PR representative.

This season, we’re getting busy preparing for the frenzy of fall and winter events, but how are you doing?

Starting with our company’s Robot Party Reception Service, it’s becoming a very busy time for using robots at events.

(Since I also have operational experience, I also get the feeling I’ll be inquiring with the venues and gathering help.)

Funny cute dog celebrating party

This time, I’m sharing the story of how our “robot that can say anything” and event operation were hired for a certain major industry group’s anniversary commemoration party and seminar.

Robot Party Reception Service for Pepper at a Seminar Anniversary Commemoration Party

Our “robot that can say anything” bears the distinctions of sales promotion, bringing up business performance, and also being able to speak English. Recently, the occasions to use it at trade shows and retail store promotional events, as well as receptions for visitors from overseas are increasing. Since it is a system that brings fun to people, it is frequently called on for parties.

However, even though this time was also a party, it basically came with a business seminar attached. So, why was our Robot Party Reception Service for Pepper needed?

When we asked, it turned out to be an anniversary seminar party, celebrating industry milestones along with aiming to confirm and increase initiative towards upcoming topics of importance.

Why Choose Robot Party Reception Service for Awareness Reform?

If we were to name this industry, some of you might not be able to put a pin on it. However, the effects of this request were universal.

“No matter what the industry, the progress of AI and robotics cannot be ignored. Within the industry, there is a need to increase awareness of AI and robots. In that, an easily understood symbol is necessary.”

Artificial intelligence concept. Robot teacher explains modern theory. Classroom interior with handwritten quote on black chalkboard. Pink blue colorful background

I see. Yes, I’m sure it is.

Our company’s system development division receives a lot of questions about robotics, usually from those with loose ties to IT. No matter what the industry, it’s impossible to keep up with a changing society without keeping up with AI and robotics. In this industry group’s seminar, as an emblem of the need for awareness activities emphasizing the importance of long-term views and viewpoints, it seemed a robot rental and dispatch was necessary.

However, the representative who planned this seminar party chose Robot Party Reception Service over any of our other robot rentals. So, why was that?

Adults Won’t be Influenced by a Regular Robot…

Even when dispatching robots to act as symbols, that’s a trick for children (recently, children are getting clued in, too…). Adults can immediately see that it is being used for influential activities.

Regular robots, even standard Pepper, can’t really hold conversations. Particularly at seminar and party venues where there is a lot of ambient noise, regular robots can’t properly decipher human speech. Even when they are able to understand, their vocabularies are so small that their answers fail to meet expectations, so these minimal conversations aren’t able to continue for long.

Kind ruft laut in ein Megafon

For example, robots can often be seen greeting customers at the entrance to a venue. That leaves a good first impression, right? Maybe people think, “Wow, our industry is using robots now, too!”. With this thought in mind, they approach the robots and try to talk to them…but they can’t really return these efforts. This happens a lot.  That’s the moment where adult interest goes cold. Beyond that, it may be correctly said that this is vastly different from the AI and robot world we are being told to prepare for. It’s even possible to have the exact opposite of the desired effect, leaving guests thinking, “Is this really all people have achieved with AI and robotics?”. It would be exceptionally bad for the industry if this understanding were to spread.

When the opposite of the desired effect is achieved, the visitors’ change in conscience towards AI and robotics will suddenly stop. If the robot presented as an example doesn’t evoke thoughts such as, “Looks like it won’t be any good if our industry doesn’t prepare to incorporate AI and robotics,” it’s no good. It would seem our Robot Party Reception Service was called on for its ability to surmount this challenge. (Not only the host of this seminar and party, but also other hosts have called upon our Robot Party Reception Service to convince even adults of standpoints like above.)

With Pepper, our Robot that can Say Anything, Business-Minded Adults Have a Change of Awareness

As for the subject matter of the event and our “robot that can say anything”, they were fairly universal. Basically, its duties included greeting guests at the entrance and providing them with venue information, giving a back-and-forth presentation with the group leader, and providing party hospitality.

In a room on a high floor Roppongi Hills salon, the group’s leader gave the party a kickoff, opening with a back-and-forth exchange between the leader and Pepper with Robot Party Reception Service. Normally, this type of exchange would consist of pre-programmed set lines as a separate request utilizing our presentation service, but this time, with Robot Party Reception Service, the leader improvised conversation and gave a toast. The staff in attendance had their hearts pounding. Why? Since Robot Party Reception Service doesn’t say pre-determined lines, it’s impossible to predict what it will say beforehand. On the other hand, this condition means that it catches the attention of attendees, who gathered around. Since it has no problem holding conversations, all of the guests had fun and gave a toast.

Party: Pepper Moves Around Mingling for Fun Conversation

Up next, here’s a look at how the guests interacted with our Pepper, powered up with Robot Party Reception Service. Pepper went around from table to table, entertaining with not only fun conversation but some (rather flamboyant) dances as well! In order to be fun for adults to interact with, it needs to do more than just surprise and pique curiosities; so it continuously delivered big laughs until the end.

Of course, in the midst of the environment abuzz with chatter, it skillfully gave directions to the smoking area and washroom facilities, receiving a swarm of compliments such as “you’re so smart!”, “Whoa, you’re amazing!”, and “you’re so cute!”.

As for its efficacy, guests on their way out the door could be heard voicing a flow of comments such as, “that robot was amazing,” and, “There are going to be robots from now on. Pretty crazy to think about, huh?”, confirming the hosts’ original objective had been achieved. (I personally have no lack of confidence in Robot Party Reception Service’s ability to deliver results, but am always very pleased and relieved to receive this type of feedback.)

Summary

This has been an introduction to our Pepper with Robot Party Reception Service rental, as dispatched to an industry group’s party and seminar.

In an ever-evolving world, changing the conscience of an industry doesn’t seem to be a simple task. Despite the challenge, a visually easy to understand robot that surprises and moves the feelings of even adults, our “robot that can say anything”, has come to play a part in this conscience revolution.

Actually, outside of this case example, there are a great number of industries that have called upon this service. In those cases as well, with reactions such as “What will it be able to do next?…Huh! It can even do THAT now? It sure is steadily evolving!”, reconfirming the surface of the state of self-acting AI and robotics, it would seem this consideration and conscience is growing deeper. This essential change in consciousness also seems to be effectively changing old mindsets on a continuous basis.

In Closing

This is how Seikatsu Kakumei’s Robot Party Reception Service for Pepper continues to expand, even in business-related party and seminar uses.

We feel this may be of particular use for representatives who have considered, “in our industry as well, we must revise our consciousness for the sake of the future,” as well as to event planning representatives whose client companies are looking to brainstorm a change of consciousness within their employees.

If you have similar concerns or interests, please be sure to consult with us.

生活革命へのロボット・Pepper(ペッパー)のレンタル・派遣・イベント企画運営(展示会・パーティ・販促イベント・プレゼンテーション)のご相談をお待ちしております。

Please send inquiries here.

For an introduction to Seikatsu Kakumei’s robot event business, check here.

Event Summary

Industry Group Anniversary Commemoration Seminar and Party
Date and Location
Spring 2018, a certain place
Customer Name
A certain transportation industry group
Customer Goals
・ Enlighten and bring AI and robotics awareness reform to key players in the industry.
・ To progress the IT changes in the industry, Pepper upgraded with Robot Party Reception Service was used to strengthen the impression of AI and IoT.
Robots Used
・Pepper (one unit)
Services Implemented
 Robot Event Planning and Operation
Robot Party Reception Service for Pepper
Robot rental (Pepper)
Implemented Contents and Results
・ Before the seminar, greet and receive all of the guests
・ At the start of the anniversary party, chat, greetings, and a presentation with Pepper and the chairmen
・ During the anniversary party, move amongst the guests, chat, provide venue information, show hospitality, and dance
Similar Events (Approved for Disclosure)
300 Overseas Guests Enjoyed a Special English Pepper
Seikatsu Kakumei’s Pepper Brought Excitement to a Kansai Market Street!
[Event] Seikatsu Kakumei’s Pepper is Always a Hit! Pepper Participates in Aqura Home’s Spring Appreciation Fair
Pepper Became a Dog!? (Event Rental Case at a Conference)
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © (株)生活革命 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.