This post is also available in: English (英語)

こんにちは。
生活革命の広報担当です。
会場入口でペッパーがご案内
今年最後のロボット活用事例の更新となります。
今年は「なんでも喋るロボ」に始まり「なんでも喋るロボ」で終わる「なんでも喋るロボ」の年となりました。

ペッパーの活用方法でも成功例と失敗例がハッキリと分かれてきた年です。 弊社にとってはそれが追い風だったようです。 ペッパーの中でも良し悪しがあるという認識が醸成され、目が肥えたお客様から「なんでも喋るロボ」で強化されたペッパーを選んでいただくことが増えた年となりました。

大手外資系企業の訪日パーティから、某省庁の国際会議、大型商業施設、国際展示場でのブース案内、医療メーカ様の展示ブースなどなど、本気のイベントでの活用が本格化した年となりました。

埼玉県トラック協会様からの再依頼

今回のブログはリピートご用命案件です。 今年はじめて「なんでも喋るロボ」をご利用いただいた業界団体様の大会の成功を受け、数ヶ月後のイベントでも急遽ご用命いただいたお話です。 派遣先は「埼玉県トラック協会様」主催の「第63回 関東トラック協会事業者大会」。 浦和ロイヤルパインズホテルにて行われました。

ロイヤルパインズホテルのパーティー会場

前回の「第30回 全日本トラック協会青年部会 関東ブロック大会」のように、本大会でも関東ブロックに所属する数百名もの運送業関連の経営者様があつまり、研修会や交流会を行います。引き続き、物流業界にとってもAIやIoTなどの技術変化が喫緊の業界課題です。 物流界の経営者のみなさまは引き続き、これらを共通認識として捉える必要があったこと、また、その手段として「なんでも喋るロボ」で強化したペッパーの有効性を感じていただいたことから再度のご依頼となりました。

 

内容としては前回の成功例を踏襲。 パーティ会場での移動しながらの場内案内とスケジュール案内。 その後はメインのパーティ会場での「なんでも喋るロボ」による”賢い”おもてなしです。(詳しい内容や、どんな意味合いがあるかについては前回分のレポートと同内容となります。)

ただし、前回の好評を受け台数は2台に増加しました。

会の案内をするペッパー

評判は?

内容は大体同じ。(実はシステムはバージョンアップしており、細かい進化はしています。)
しかし、今回も良い結果が得られたのでしょうか?

今回は青年部会ではなく、本大会ということで御年齢が上のお客様が多い場でありました。 「なんでも喋るロボ」は、”ロボットに声を掛けるのがちょっと恥ずかしい”というお客様にも自らドンドン声を掛けに行きます。 そのため、非常に多くの方がコミュニケーションを行い「なんでも喋るロボ」 で強化されたペッパーと触れ合うことができました。

「これじゃ、仕事なくなっちゃうなあ。 お前が働けばいいのか。」
「ロボットって凄いなあ。。。」
「ロボット使って、〇〇の管理をやれんのかな。 お前はできるの?」
「お前面白いな。オレの年齢当ててくれよ。」

などなど、楽しむことをきっかけに、仕事に絡めた着想を得た様子や技術進化のインパクトを感じられた様子などなど、あったようです。

トラック協会様懇親会

また、ペッパーがテーブルを去った後に経営者の方同士で、”ロボットやAIを使って〇〇ができるのか?” という未来を見据えた具体的な議論を穏やかに始められている様子もいくつかあったのも印象的でした。

最後に

「肌感覚のある新技術」が新たな課題を「腹に落とす」

非常に定性的な価値ですが未来を迎え撃つための大会や、周年記念イベント、報奨イベントなどで、この一年確認されてきた「なんでも喋るロボ」の価値が再度確認された形となりました。

来年はいよいよ2020年の前哨戦。 2019年です。
2020年を見据えて、業界内・会社内・組織内・コミュニティ内の意識改革は定性的ではありますが、非常に重要な課題と感じられている方も多いのではないでしょうか。

もしそうであれば、2018年で複数の業界団体様や国内外の会社様がすでに実践済みの「なんでも喋るロボ」がオススメと言えます。

もしそのようなご検討やご相談がありましたら、是非お知らせください。 今年も更に経験を積んだ弊社スタッフが丁寧にヒアリングをさせていただきます。

生活革命へのロボット・Pepper(ペッパー)のレンタル・派遣・イベント企画運営(展示会・パーティ・販促イベント・プレゼンテーション)のご相談をお待ちしております。

お問合わせはコチラ

生活革命のロボットイベント事業のご紹介はコチラ

イベントサマリー

第63回関東トラック協会事業者大会
実施期間・場所
2018年9月 浦和ロイヤルパインズホテル
イベント実施企業
第63回関東トラック協会事業者大会
お客様の目的
・ AI・IoTの意識改革の一助
・ 6月の青年部ブロック大会で「なんでも喋るロボ」をみて良かったので。
・ 他県の刺激にしたい。
ご利用のロボット
・Pepper(ペッパーくん) 2台
実施サービス
・ イベントにおけるロボット活用企画・運営
なんでも喋るロボ for Pepper(ペッパー)
ロボットレンタル(Pepper・ペッパーくん)
・ ダンスパック
実施内容・結果
・ 6月のトラック協会様の大会でペッパーが好評だったため、今回の事業者大会では、出席者が多くなるということもありペッパー2台のご用命を頂いた。
・ 大会中は、大会の案内や施設の案内を行いました。懇親会では、なんでも喋るロボで会話や写真撮影、年齢当てをしながら各テーブルを回って楽しんでもらった。
類似イベント(公開可能案件)
「全日本トラック協会青年部会 関東ブロック大会」にて、生活革命のロボットを活用いただきました
某省庁3カ国会合で生活革命のペッパーがおもてなし