「失敗できない」ロボット・Pepper(ペッパー)のレンタル・イベント運営なら生活革命。 国・自治体・医療・銀行・訪日など「失敗できない」イベントでのレンタル実績が豊富です。 独自のロボット強化システム「なんでも喋るロボ」で桁違いに賢いPepperの派遣・レンタルも実施。
最新情報

生活革命のペッパーが展示会で活躍!? – ペッパーのイベントレンタル事例

This post is also available in: English (英語)

ロボット・Pepper(ペッパー)のレンタル・イベント事例です

こんにちは。 生活革命 広報・営業担当です。

春になり、ますますロボットのレンタル・イベントが盛り上がってきております。 様々なイベント企画会社様、サービス業のみなさまからご相談をいただいています。 忙しさにかまけて、またしても久々の更新となります。

シンプルなPepperの単体レンタルはやってないの? という問い合わせを時々いただきます。それに関連したイベントレポートとなります。 昨年度国際展示場で実施したPepperの単体レンタル事例です。

展示会ブースをペッパーが案内

国際展示場でPepper(ペッパー)の単体レンタル

今回は国際展示場(東京ビッグサイト)で実施された建築建材展2018に生活革命のPepperをレンタルいただきました。 目的は、某建築建材メーカ様のブースにお客様を誘引して、商品紹介・認知に繋げることでした。 実施内容はPepperの標準機能での呼び込みです。

さて、これは結構難しいお題でした。 「えっ、なんで?」と思われた方と「そりゃ、そうだよね」と思われた方がいらっしゃるかもしれません。

なぜ、難しいのか? 生活革命では国際展示場(東京ビッグサイト)でのロボット・Pepperのレンタルを数多くこなしていますが、国際展示場のイベントでPepperの「単体レンタル+標準機能での商品説明」というのは実は鬼門と言われています。

なぜ、国際展示場でPepperの単体レンタルは鬼門なのか?

国際展示場_ビッグサイト

知っている方にとっては、当たり前かもしれませんが、国際展示場においてPepperの単体レンタル+標準機能での商品説明

「既に珍しいものではなくなっています。」

2016〜2017年にかけて、国際展示場で行われるイベントで5ブース以上にPepperがいるということがよく起きていました。 つまりブースを練り歩いていると、大体Pepperがいるわけです。 来場者のみなさまも、一応近づいてはきてくれます。 しかし、どのPepperも同じような「標準機能による商品説明」を行っている。 Pepperが同じような話し方、立ち振舞で呼び込みを行っている。 そんな光景が繰り広げられたことで、来場者の方がPepperの標準機能による商品説明に慣れてしまったのです。 そういうPepperはどうも雰囲気が似ているそうで、スルーされてしまうことが多くなってきています。 (ちなみに、東京の中でも国際展示場以外、あるいは東京以外の地域ではまだそんなに神経質にならなくてもいいです。 ファミリー層はむしろPepperに親しみを持っているので、親しみ効果での誘引も可能であることもあります。)

生活革命では、そんな状況を大幅に改善する商品を持っています。 例えば、「なんでも喋るロボ」という生活革命独自のイベント用システムをご用命いただければ、Pepperが自らお客様に近づいていき、雑音の中でも会話をしながら商品の紹介をしますので、上記のような壁は簡単に乗り越えることができます。(そういうわけで、展示ブース案件では「なんでも喋るロボ」が人気です。)

なんでも喋るロボ

他にも、上記のような状況を克服するために、生活革命では独自の追加システムを多数蓄積してきましたので、そちらを使えば状況の克服ができそうでした。 しかしながら、今回、お客様からは「Pepperの単体レンタル+標準機能で行きたい。」とのご用命。 ということは、Pepper自体ではない何かでお客様を誘引する必要が出てきました。

Pepperの能力以外で、お客様を誘引するには?

このような案件の場合、生活革命ではお客様の展示ブースの成功を優先し、Pepperのレンタル自体はお断りさせていただくことがあります。 しかし、お客様も生活革命自体は気に入ってくださっていたようで、何とかしたい、と知恵を絞ることにしました。

いいアイディアがないか考える

Pepperの商品説明部分に関しては、イベント経験が豊富な専任音声調整師による、イベントに最適化したセリフ発声にしましたので、聞き取りやすくはなっていました。 話を聞いてもらえさえすれば問題なさそうでした。。。 !?

そこで気づきました。

「Pepperの商品説明自体に問題はない。 お客様の注目を集めて、Pepperの元にきてもらう仕組みを作ればいいのだと。」

結果として、目的を達成

この発想の切替えにより、社内でアイデアが急速に出ました。そして、お客様にとっても良い提案だったようで、是非これでいきたいということになりました。

展示会でペッパー案内を聞いてくれる人

結果として、このアイデアの実践で、来場者様から「このブースでは何の紹介しているの?」とご質問をいただいたり、足を長時間止めてブースの中を見ていただき、Pepperの商品説明を聞いていたくことができました。

結果として、Pepperによる展示ブースの目的達成を促すことに成功したようでした。

最後に

どうやったのか? こちらについては、少し話が込み入ってしまったため今回は割愛させていただきますが、また1つ、Pepperを使ったイベント・展示会集客の可能性を広げることができました。 昨今はPepperの単体レンタル、かつ追加システムなしでご用命されるイベント企画会社様やサービス業様も少なくなってきているのですが、もし機会がありましたら、御社のイベントにも弊社の営業担当者がご提示させていただくこともあるかもしれません。

生活革命では「失敗が許されない」「レンタルだけではないフルサポート」に対してのロボット・Pepperレンタルやイベント企画運営を行っています。目的などを伺わせていただいた上で、目的に叶う見せ方・ロボットの活用方法を提案し、現地での運用をしています。

御社でロボットを使ったイベントや展示ブースをやりたい、と言った場合は生活革命が役に立てるかもしれません。 是非ご相談くださいませ。

お問合わせはコチラ

生活革命のロボットイベント事業のご紹介はコチラ

イベントサマリー

建築建材展2018
実施期間・場所
2018年03月 国際展示場(会期4日間)
お客様名
某 建築建材メーカ 様
お客様の目的
・ 企業の商品知名度を上げ、商品のことを知ってほしい。 問い合わせに繋げたい。
ご利用のロボット
・Pepper(ペッパーくん) 1台
実施サービス
 イベントにおけるロボット活用企画・運営
・ 呼び込み
・ 商品説明(専任クリエイターによるプロ品質制作)
ロボットレンタル(Pepper・ペッパーくん)
実施内容・結果
来場者様の誘引を行うための施策を実施。 ペッパーは、ブース内でお客様を呼び込み、近くに来てくださったお客様には三種類の商品の説明を実施した。
類似イベント
Pepper(ペッパー)がナースに!?生活革命のPepper(ペッパー)が展示会の集客で大活躍!!
【導入事例】Pepper(ペッパー)がペットを救う!?動物臨床医学会で生活革命ロボットシステムが大活躍!

 

 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

Seikatsu Kakumei’s Pepper Works at Trade Shows!? Pepper Event Rental Cases

This post is also available in: English (英語)

A Pepper Robot Event Rental Case

Hello. This is Seikatsu Kakumei’s PR and business representative.

As it becomes spring, robot events are becoming more and more in demand. We are consulting with various event planning companies and those in the service industry. We’ve been so caught up with business that this is our first update in a while.

Don’t you do just simple Pepper unit rentals? That’s a question we get sometimes. This is a report from such an event. This Pepper unit rental case is from an international trade show exhibition from last year.

展示会ブースをペッパーが案内

Pepper Unit Rental at an International Trade Expo

This time, at Architectural Building Materials Expo 2018 at the international trade exhibition Tokyo Big Sight, Seikatsu Kakumei’s Pepper was rented with the purpose of calling customers to a certain architectural building manufacturer’s booth and giving product introductions and information. The implemented content was Pepper’s standard calling out feature.

Now, this was a bit of a difficult task. Some of you may be thinking, “Huh, why?”, while others are thinking “Yeah, it seems like it”.

Why was it difficult? Seikatsu Kakumei has rented Pepper for international trade exhibitions at Tokyo Big Sight numerous times, but at international trade events, Peppers unit rental with standard product explanation feature has been described as a monster.

What Made a Pepper Unit Rental an International Trade Expo Monster?

国際展示場_ビッグサイト

To those in the know, this may be obvious, but Peppers unit rental with standard product explanation feature has become

“exceptionally not uncommon.”

From 2016 to 2017, at international trade events, it was common to see Pepper at upwards of 5 booths. Essentially, it was a situation where walking around the booths, most of them had Pepper. Visitors to the events would just barely show interest. All of those Pepper robots used the same standard product explanation feature. They all spoke in the same way, standing and gesturing as they called out. As this spread, the effect was that event visitors grew accustomed to hearing Peppers standard product explanation feature. All of these Peppers seemed to give the same impression, and observers were increasingly through with them. (On the other hand, in Tokyo, beyond international trade shows, as well as outside of Tokyo, it wasn’t necessary to be concerned with this. Pepper holds an exceptional appeal to families, and can draw them in, bringing results.)

At Seikatsu Kakumei, we have products to greatly improve these conditions. For example, using Seikatsu Kakumei’s original event system Robot Party Reception Service,  Pepper approaches customers on its own, introducing products and holding conversations even in noisy environments, so the obstacle described above can be simply overridden. (On that note, our Robot Party Reception Service is a popular choice for use at trade booths.)

なんでも喋るロボ

In these and other ways, in order to bypass conditions such as those above, Seikatsu Kakumei has developed an array of original support systems, which we could use to overcome such circumstances. Even so, this time, the customer’s request was that, “We just want to go with the Pepper basic unit rental and standard features”. In other words, it became necessary to draw customers in with something other than just the Pepper unit itself.

Beyond Pepper’s Ability, What Attracts Customers?

In this type of case, as Seikatsu Kakumei makes customer trade show booth success a priority, we sometimes refuse lone Pepper unit rentals. However, when both our company and our customers are interested, we rack our brains to find a solution as to what to do.

いいアイディアがないか考える

As for Pepper’s product explanation feature, through our voice tuning specialist highly experienced in events, we create speech pronunciations that are easily received and make the big difference in events. So, there’s no problem as long as the talk is heard…!?

That’s a point of caution.

“There’s nothing wrong with Pepper’s product explanations. We just want to gather customer attention and get them to gather around Pepper.”

The Results Achieved the Target

In the brainstorming stage, the company came up with ideas very quickly. Then, seemingly a very good customer suggestion, it was decided that they definitely wanted to go with this.

展示会でペッパー案内を聞いてくれる人

As for the results, when this idea was put into practice, customers wondered, “What is this booth showing off?”, stopping in their tracks and looking at the booth for a long time and listening to Pepper’s explanations.

As a result, using Pepper to achieve the trade show’s purpose was a success.

In Closing

So, how was it? Regarding this event, since we’ve mentioned it a little bit before, we omitted it this time, but once again we have opened the scope of possibilities for events and trade shows using Pepper. Recently, event planning and service companies offering Pepper unit rentals without any extra systems installed have become scarce, but if the chance arises, perhaps your company could also make use of a presentation from our company’s business representatives.

Seikatsu Kakumei offers Pepper robot rental and event planning and operation that won’t allow failure, and with full support. Beyond simply asking about the goal, we will suggest robot use and display methods to achieve that purpose and operate it on-site.

In the case that your company is looking to run an event or trade exhibition using robots, Seikatsu Kakumei may be able to help. Please feel free to consult with us.

Contact us with your questions here.

For an introduction to Seikatsu Kakumei’s robot event services, please click here.

Event Summary

Architectural Building Materials Fair 2018
Implementation Date/Setting
March 2018 international trade expo (4-day event)
Customer Name
A certain architectural building materials manufacturer
Customer’s Goal
・Increase name recognition of the company’s products and product awareness, connected with inquiries.
Robot Used
・Pepper (one unit)
Implemented Services
 Event robot placement planning and operation
・ Calling out
・ Product explanation (Created by a specialist for pro quality)
Robot rental (Pepper)
Implementation Details and Results
Implemented as a method of drawing customers in. Pepper called customers into the booth and explained three types of products when customers came close.
Similar Events
Pepper as a Nurse!? Seikatsu Kakumei’s Pepper a Hit with Trade Show Customer Outreach
[Usage Case] Pepper Saves Pets!? Seikatsu Kakumei’s Robot System a Hit at Veterinary School Fair

 

 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © (株)生活革命 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.