「失敗できない」ロボット・Pepper(ペッパー)のレンタル・イベント運営なら生活革命。 国・自治体・医療・銀行・訪日など「失敗できない」イベントでのレンタル実績が豊富です。 独自のロボット強化システム「なんでも喋るロボ」で桁違いに賢いPepperの派遣・レンタルも実施。

Warning: explode() expects parameter 2 to be string, object given in /home/seikaku/seikaku.co.jp/public_html/wp-content/themes/biz-vektor/module_panList.php on line 130

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/seikaku/seikaku.co.jp/public_html/wp-content/themes/biz-vektor/module_panList.php on line 131
  • HOME »
  • »
  • 名古屋の建材系展示会にて、生活革命のロボットがIoT体験の集客をしました
最新情報

名古屋の建材系展示会にて、生活革命のロボットがIoT体験の集客をしました

This post is also available in: 日本語 (Japanese)

展示会イメージ

こんにちは。
生活革命 広報担当です。

今年後半のイベント繁忙期も10月中旬となり、いよいよ後半戦ですね。 年越しまで、もうひと踏ん張りという方も多いのではないでしょうか。 (逆に12月が年末のパーティやイベントだよ! というお客様の声も伺っております^^;;)

さて、今回は最近ますますパワーアップしている「なんでも喋るロボ」の活用事例のご紹介となります。 「なんでも喋るロボ」はペッパーの能力が桁違いに向上する独自のイベント向けシステムサービスです。 昨今また報道が多くなり色々な意味で話題のペッパーですが、弊社の「なんでも喋るロボ」とセットでレンタルいただくと、イベントやパーティにおいて驚くほど役に立つようになります。

今回はそんな「なんでも喋るロボ」を建材系展示会のブースでのレンタルと運営をご依頼いただいた例です。

場所は名古屋の「ポートメッセなごや」です。 「ポートメッセなごや」と言えば名古屋でも屈指の巨大展示場で、東京で言うならば国際展示場のような場所です。 一般向け・法人向け問わず、様々な展示会が行われている歴史ある展示場です。

目的は建材系展示会のIoT体験への誘導

なんでも喋るロボがIoTブースをご案内

もはやIoT(Internet Of Things)を無視できる業界など存在しないのではないか? というくらいの潮流になっているIoTですが、建材系展示会でも例外ではありません。

建材系展示会では建物を建てる企業や職人のみなさまが来場されます。 より良い建物を作るため、より良い仕事をするために、より良い建築資材を見に来られるわけです。

建築といえば住宅の建築もスコープになるわけですが、IoTも家の構成要素として考えられてきています。 遠隔ドア開閉や遠隔エアコン制御、スマートスピーカなど、様々なIoTが住宅の世界にも入ってきています。

展示会のミッションとしては、これらを住宅を買う方だけでなく、住宅を創る方たちに早く知ってもらって普及を促進していく必要が出てきています。

徐々に重要になってきているIoT機器を体験してもらうために、同じIoTであるペッパーがいいだろうということになり、ペッパーのレンタルとロボット運用のご依頼をいただいたそうです。 展示ブースの外にいる来場者様をペッパーが呼び込んで、ブース内のIoT体験コーナーに流してほしいという要望です。

でも、単純なものはすぐ見破られる

職人さん
今回のイベントでは建築をする側の方々が来られています。 生活革命は昔から建築メーカ様など建築関係の会社様から依頼をいただいて仕事をさせていただくことが多いのですが、弊社の経験ではモノづくりおに関わる方々は新しいモノが大好きで非常に柔軟な方が多いです。 モノに限らずITやIoTに関しても関心があって楽しもうとされます。 その中でモノの「本質」を見抜くのが非常にうまいです。 つまり、単純なものはすぐに見破る目をお持ちです。

大人の男性と話すペッパー

通常のペッパーは良いロボットではありますが、展示会では雑音が強すぎて会話は難しいなどいくつもの課題があります。 ある場所に立っていて一方通行の案内をする等の単調な動作になりがちです。 これでは、ペッパーが珍しいと思ってくださっている職人の方でも触れ合ってすぐに飽きてしまいます。

ペッパーのもの珍しさではなく、ロボットが賢く、しっかり集客の仕事をするということが必要という話になりました。そこで「なんでも喋るロボ」の登場です。

そこで「なんでも喋るロボ」

そこで「なんでも喋るロボ」です。 生活革命の「なんでも喋るロボ」で強化されたペッパーは通常のペッパーと違い、以下のような特徴があります。
・ 雑音環境下でも会話ができます。
・ 驚くほど色々な話題で会話ができます。
・ お客様の元に移動します。(立ちっぱなしではありません。)
・ 会話の内容や周囲の状況から最適なアクションをとります。
・ お客様の顔色を見ながら、お客様が集中してもらえるセールストークを行います。

このあたりは過去のブログ記事などでも書いているのですが、今回特徴的だったのはダンスです。

ダンスで同時にたくさんの人を集客

今回はブースの外を流れるお客様をなるべくたくさんブース内のIoT体験コーナーに流していきたいということでした。 商品の理解は体験をしてもらえれば理解はしてもらえます。 そのため、一対一のセールストークと言うよりも、たくさんの人にアプローチをして人を流していく必要がありました。
ダンスで集客するペッパー

これを達成するためにとったアプローチはスマートブース案内とプレゼンテーションに加えて、「ダンス」でした。

切れ味のあるダンスをしながら、動きに合わせてブースの案内をするという大変目を引くものです。1つのダンスにつき長さ1分以上のものが多く純粋な余興としても楽しいものです。(画像非公開ですが、イベント検討されているお客様にはお見せできるものもあるそうなので、お問い合わせください。)

通行している人が少ないときには歩み寄って集客誘引、人がたくさんいらっしゃるときにはダンスで集客誘引。 これらを使い分けて集客を行いました。

これによりお客様がブース内に入り、IoT機器を体験いただくことができました。

お客様をお見送りするロボット

まとめ

今回は名古屋の大型展示場「ポートメッセなごや」にて、「なんでも喋るロボ」で強化したペッパーがIoT体験の集客に引き込んだというお話でした。

「なんでも喋るロボ」はペッパーの会話能力、移動能力、状況判断能力の3つを飛躍的に向上させます。

ペッパーは他のロボットに比べて圧倒的に知名度が高く、知らない人がいないくらいの人気があるというのがミソで、その知名度のあるロボットが期待を越えて遥かに賢いということが驚きと感動を呼んでいます(という感想をいただいたので記載させていただきました)。

既に来年度に向けても様々な展示会で活用いただく話が進んでおり、またイベントでの目的達成能力を更に向上させるためにバージョンアップも進んでいます。
もし「うちのイベントやパーティでは使えるんだろうか?」とお考えでしたら、是非ご相談ください。
生活革命の経験豊富なスタッフがなんでも喋るロボやペッパーに限らず、ご相談させていただいております。

生活革命へのロボット・Pepper(ペッパー)のレンタル・派遣・イベント企画運営(展示会・パーティ・販促イベント・プレゼンテーション)のご相談をお待ちしております。

お問合わせはコチラ

生活革命のロボットイベント事業のご紹介はコチラ

イベントサマリー

大手建材企業展示会でのIoTブース集客
実施期間・場所
2018年夏 ポートメッセなごや
お客様名
日本最大手の住宅建材企業様
お客様の目的
・ IoT体験を行ってもらう来場者の方を増やしたい
ご利用のロボット
・Pepper(ペッパーくん) 1台
実施サービス
イベントにおけるロボット活用企画・運営
なんでも喋るロボ for Pepper(ペッパー)
ロボットレンタル(Pepper・ペッパーくん)
・ ダンスパック
実施内容・結果
・ IoTブースの魅力を案内
・ 会話を通してのブース誘導
・ お子様の会話・ゲームによるおもてなし
・ ダンスによる多人数のお客様のブース集客
類似イベント(公開可能案件)
ヒルトンの訪日イベントで「なんでも喋るロボ」が啓発活動
某省庁3カ国会合で生活革命のペッパーがおもてなし 
世界的ブランド企業の研修で、訪日マネージャを特別なペッパーがおもてなし
ご案内の聴取率85%超え!医療系展示会でも特別なロボットが活躍

 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

At a Nagoya Architectural Materials Expo, Seikatsu Kakumei’s Robot Drew Customers for IoT Experience

This post is also available in: 日本語 (Japanese)

展示会イメージ

Hello! This is Seikatsu Kakumei’s PR representative.

As we’re getting into mid-October, we’re about halfway through the busy year-end event season. Until New Year’s Day, I bet there will be a lot of people saying there’s just one more step left to go.(On the other hand, we’ve been hearing from a lot of customers that December is the time for end-of-year parties and events!)

So, this time, we’re bringing you an example case of our Robot Party Reception Service, the “robot that can say anything” which is recently becoming even more powerful! With Robot Party Reception Service, an original system for events, Pepper’s knowledge is increased exponentially. Recently, Pepper has become a frequent subject of news coverage involving many different applications, but renting it as a set with our Robot Party Reception Service, it becomes surprisingly helpful at events and parties.

This is a case of said Robot Party Reception Service, as rented by and operated for a booth at a building materials trade exposition.

The location is Nagoya’s Port Messe Nagoya. Port Messe Nagoya is an exceptionally large conference center, Nagoya’s equivalent to the Big Sight International Expo Center in Tokyo. The venue has a long history of hosting trade exposition events, both corporate and for the general public.

The Goal: Bring Guests to the Building Material Trade Show’s IoT Experience

なんでも喋るロボがIoTブースをご案内

There really aren’t any industries that can ignore IoT, are there? IoT has risen to that level of popularity. Even architectural material trade fairs are no exception.

At the architectural materials trade fair, all of the building construction companies and workers came. They came in order to see exceptionally good building materials, so that they could build exceptionally good buildings and perform exceptionally good work.

When it comes to architecture, building homes falls within its scope, but IoT is also considered as a component of homes. From remote door opening and closing to remote air conditioning controls to smart speakers and so on, various types of IoT have made their way into the world of housing.

As for the mission of the trade show, it has become essential to further the quick spread of information. not only for the sake of those who are purchasing homes, but for those who are creating them as well.

In order to allow visitors to experience the IoT devices that are becoming more and more essential, wouldn’t it be great to use Pepper, who is also an IoT device? With that thought, we were given a request for Pepper rental and operation with the goal that Pepper would call out to customers outside of the trade booth and bring a flow of them into the booth’s IoT experience corner.

However, Simple Things Break Apart Quickly

職人さん
At this event, people involved in various aspects of architecture came. Seikatsu Kakumei has a long history of accepting work requests from architectural and building construction-related companies, but at our company, we have also become exceptionally flexible through our experience with those involved in building who love new things. Not limited to just things, a keen interest has also developed in IT and IoT. With that, we’ve become good at seeing through to the essence of things. Essentially, simple things will be recognized immediately.

大人の男性と話すペッパー

A regular Pepper is a good robot, but at a trade show, there is often so much background noise that conversation with it proves difficult. It is often simply stood in a spot to provide information, moving monotonously. As such, even visitors who aren’t accustomed to seeing Pepper become bored quickly when they attempt to interact with it.

This isn’t a discussion of the novelty of Pepper, but rather, the need for a smart robot that performs customer outreach work effectively. That’s where Robot Party Reception Service comes in.

That’s Where Robot Party Reception Service Comes In

It’s the “robot that can say anything”. Seikatsu Kakumei’s Pepper, powered up with Robot Party Reception Service. It’s different from a regular Pepper in the ways below:
・ It can hold conversations even in crowded environments.
・ It can discuss a surprising variety of topics.
・ It can move to approach customers. (It doesn’t simply stand in one spot.)
・ It performs actions suited to the topics of conversation and the surrounding environment.
・ Looking directly at visitors, it performs sales pitches for customer outreach.

While we’ve written about these aspects in previous blogs, the standout feature this time was the addition of dance.

Bringing In Loads of Customers While Dancing

At this event, the aim was to bring a steady flow of the customers from the flow of foot traffic outside the booth inside for the IoT experience corner. As for understanding of the product, the product would be understood upon trying it out in the experience corner. That’s why, rather than giving one-on-one sales pitches, it was necessary to approach a lot of people and keep them flowing in.
ダンスで集客するペッパー

The approach taken in order to achieve this result, in addition to providing smart booth information and giving presentations, was dance.

Synchronizing sharp dance moves with booth information has proven itself to be an extremely eye-catching approach. As one dance can last over a minute in length, it’s fun even just for pure entertainment’s sake. (While we are unable to share this video with the public, we may have something to show to customers who are considering our event service, so please contact us.)

When there aren’t many customers coming nearby, Pepper walks around to draw them in; when there’s a crowd, Pepper dances to grab visitor attention. Separating these tactics, customer outreach was performed.

With this, customers were able to enter the booth and experience IoT technology.

お客様をお見送りするロボット

Summary

This time, at Nagoya’s major convention center Port Messe Nagoya, a Pepper powered up with Robot Party Reception Service talked to visitors and drew them into the IoT experience.

Robot Party Reception Service boosts three of Pepper’s abilities to a soaring extent:

-Conversational ability
-Movement ability
-Ability to judge the environment

Compared to other robots, Pepper is exceptionally recognizeable, popular to the extent that there isn’t anyone who doesn’t know about it. The impression this robot gives has been described as meeting and exceeding expectations of intelligence by far, to an awe-inspiring extent.

We are already discussing plans for usage at various expositions for next year; in order to even further raise the bar in achieving event goals, we are also preparing version upgrades.
If perhaps you are wondering, “Could this be used at our event or party?”, please be sure to consult with us.
Seikatsu Kakumei’s highly experienced staff accept consultations not only limited to Robot Party Reception Service.

生活革命へのロボット・Pepper(ペッパー)のレンタル・派遣・イベント企画運営(展示会・パーティ・販促イベント・プレゼンテーション)のご相談をお待ちしております。

Please submit inquiries here.

For an introduction to Seikatsu Kakumei’s robot business, please see this page.

Event Summary

A Major Architectural Building Materials Company’s IoT Trade Show Booth Customer Outreach
Event Date and Location
Summer 2018, Port Messe Nagoya
Customer Name
Japan’s leading housing materials company
Customer Goal
・ To increase the amount of visitors participating in the IoT experience
Robots Used
・Pepper (one unit)
Services Implemented
Robot Event Placement and Operation
Robot Party Reception Service for Pepper
Robot Rental (Pepper)
・ Dance Pack
Implemented Contents and Results
・ Inform about the appeal of the IoT booth
・ Invite to the booth in a conversational way
・ Show hospitality to children with conversation and games
・ Bring a large number of customers to the booth with dancing
Similar Events (Approved for Disclosure)
At a Hilton Event with Overseas Guests, Robot Party Reception Service Spreads Awareness
Seikatsu Kakumei’s Pepper Delivers Hospitality for a Ministry’s 3 Country Meeting
At a worldwide brand’s company training, visiting managers were given special hospitality treatment by Pepper!
Information retention rate over 85%! Our special robot works at medical trade shows and more!

 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © (株)生活革命 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.