「失敗できない」ロボット・Pepper(ペッパー)のレンタル・イベント運営なら生活革命。 国・自治体・医療・銀行・訪日など「失敗できない」イベントでの実績が豊富です。 独自のロボット強化システム「なんでも喋るロボ」で桁違いに賢いPepperの派遣・レンタルも実施。
  • なんでも喋るロボ for Pepper
  • Pepper(ペッパー)サービス案内
  • なんでも喋るロボ(ロボットレンタル・イベントサービス)のご案内
  • なんでも喋るロボ(ロボットレンタル・イベントサービス)のご案内
  • 生活革命がPepper Worldのゴールドスポンサー企業になりました

This post is also available in: 日本語 (Japanese)

イベント担当者様のための

生活革命 ロボットサービス

 

生活革命は「失敗できない」イベント・パーティ・展示会等に向けて、ロボット・Pepper(ペッパー)のレンタル・派遣・イベント企画運営を行います。 詳しくは事業・製品一覧か下記のリンクを御覧ください。

 

①レンタル・イベント事業

 

ロボット・Pepper(ペッパー)のレンタルに加え、企画〜運営などすべてサポートします。

 

②「なんでも喋るロボ」 のレンタル

 

生活革命が研究開発した独自システムで、驚くほど賢くなんでも喋り、歩き回ります。イベントコンパニオン様にも大好評のサービスです。 

This post is also available in: 日本語 (Japanese)

有料の拡張スキンや現在開発中の新デザインを適用している場合があります。
それらのデザインは現行のBizVektorには標準では同梱されていません。

最新情報

某省庁3カ国会合で生活革命のペッパーがおもてなし (パーティ向けロボットイベント事例)

This post is also available in: 日本語 (Japanese)こんにちは。 生活革命 イベント担当です。 暑さが全く収まる気配がない今日この頃ですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。 生活革命では11月・12月・1月のイベントの早期受付が開始しました。 この期間の実施分についてのお問い合わせやご依頼も頂いている中、既に2月・3月のお話もくださるお客さまもいらっしゃり大分忙しい時期が始まっています。 この暑い時期ではありますが、既に年越しのことを考え始める時期になっています… さて、今回のブログは「3カ国の某省庁の大臣が一同に出席した懇親パーティ」のお話です。生活革命の「なんでも喋るロボ」とダンスパッケージ、イベント企画・運営をご依頼いただきました。 各国の大臣および要人のみなさまの結束を高める一助となることを期待されましたが。。。 外国の要人を招いたパーティで生活革命ペッパーの依頼 どんな案件かをイベント担当からヒアリングさせていただいたところ、 ・ 日本を含めた3カ国の大臣ら要人が政策の議論を行うために集まる。 ・ 政策の議論をダイレクトに行うだけでなく、親睦を深める場も用意している。 ・ 今回は日本がホストであるため、是非日本ならではの出し物でもてなし楽しんでほしい。 ・ これを通じて、3カ国間の結束を強める一助としたい。 ・ ロボットは日本を代表する技術なので、ロボットを使った”なにか”をして”親善”に貢献してほしい。 と言ったお話でした。 それでイベント担当者がリサーチを重ねてたどり着いた会社が弊社だったそうです。 (ちなみに弊社はインターネットで検索してもそんなに簡単に見つからない場合が多いため、粘り強くリサーチを続けていたこだわり派の担当者様が最後に辿り着いて、ご連絡をいただくことが今も多いです。) 日本のロボットとして恥ずかしくないものを見せたい イベントの実施日までそんなに時間はありませんでした。 しかし、国を代表する政策議論の場です。 懇親会とは言え、恥ずかしくないものを出したかったそうです。 通常のペッパーは会話などがなかなか難しい中、生活革命の「なんでも喋るロボ」で強化されたペッパーは移動走行しながら、英語も含めた会話ができるユニークなロボットが実現できると思われたようです。 (問い合わせをくださったイベントご担当者様は、そういった想いを強く持っておられ「なんでも喋るロボ」で行くべき、と説明し続けてくださっていたそうです。) 失敗が許されないので信頼できるところに・・・ ロボットイベント商材のユニークさもありつつも、イベントの企画・運営に関してしっかり対応ができなければなりません。 何しろ、国を代表する政策議論の場でロボットがエラーを起こして停止などしたら「大失態」どころの騒ぎではありません。。。 そういった意味でロボットイベントの企画・運営で信頼できるところじゃないと危ないとは思われていたようです。 生活革命は国を代表するようなイベントは年間でそんなに多くは行っていませんが、普段から銀行・県・市・自治体・医療学会など「失敗が許されない」と言われる品質を重視されるイベントでの経験が豊富です。 各国の要人をもてなす親善のダンス   そのようなわけで最初から信頼を置いてくださって、お話をいただいた以上(いつもそうですが)裏切るわけには行きません。 ここからはイベント企画担当者の腕の見せどころです。 ・ ロボットは日本を代表する技術なので、ロボットを使った”なにか”をして”親善”に貢献してほしい。 親善に貢献できる何かをする必要がありました。 日本を代表する技術を見せながら親善に貢献するために何をするか? 社内でも国際的な政治的配慮を意識しつつ検討し、大臣や要人のみなさまの前でロボットがダンスを舞うことでロボットのモーター技術のスゴさを見せるといういささか技術寄りの演目をあえて出すということになりました。 (実はそれ以外にも”親睦”・”おもてなし”を体現するためにただダンスを踊るだけではないアイデアも付け加えています。) 結果として、ひっかかりなく、大臣のみなさまも顔をほころばせ、スマートフォンで撮影してくださる方もいらっしゃるくらいに喜んでいただくことができました。 また最後のオオトリのダンスについては手拍子なども巻き起こるなど盛り上がりを作ることにも成功しました。 テーブルに移動して英語で会話 その後は、「なんでも喋るロボ」で強化されたペッパーがお食事のテーブルに移動走行して、アイサツやおもてなしの会話をし、有効の印として握手を行うなどもしました。 興味津々に会話を楽しんでいただき、「このロボットは気が利くねえ。スゴいねえ」と言ったことを話されていて、会話のタネにもなったようです。 (ちなみに、言語は3カ国共通を意図して「英語」モードで動作しました。 ) 結果 短い時間のパーティではありましたが、今回も来場者のみなさまをもてなすロボット演出の企画や制作を行えたようでした。 最後のほうでは遠くからロボットに向けて手を振って呼びかける方もいらっしゃるなど、総じて好感触を得ることができました。 これを通じて、3カ国間の結束を強める一助となったことを期待しております。 「失敗できない」ロボットイベント・パーティ、ご相談ください この1年間で私が担当したロボットイベントだけでも、銀行・国・自治体・企業団体・医療など「失敗できない」方たちからのご用命以外ほとんどない状況になっており、こちらからあまり口にすることはなくなってしまいましたが、生活革命ではこのようななかなか緊張感のある場でもロボットが円滑に役立てるようなイベントサービスを提供しております。 もし普通のロボットじゃ厳しそうだなあ、というパーティ・イベント・展示会などございましたら、是非お声掛けください。 (もちろん緊張感のあまりない普通のご用命も大歓迎です!!!!^^;;) 冬のイベントは早割受付中です! 早いもので、秋冬を意識する時期になってきました。 「なんでも喋るロボ」の12〜3月期の受付も正式に開始しました! この時期については早割対象になりますので、もしご相談などありましたらお早めにご連絡ください。 (10・11月はイベントの繁忙期ですので枠を増加して対応させていただいていますが、例年よりも〆切が早くなる可能性が出てきていますので、お早めにご連絡ください。) お問合わせはコチラ 生活革命のロボットイベント事業のご紹介はコチラ イベントサマリー 某省 三カ国 大臣会合 懇親パーティ 実施期間・場所 2018年春 某所 お客様名 某省 様 お客様の目的 ・ 各国から大臣や要人が集まるため、日本のアトラクションを楽しんでほしい。 ご利用のロボット ・Pepper(ペッパーくん) 1台 実施サービス ・ イベントにおけるロボット活用企画・運営 ・ なんでも喋るロボ for Pepper(ペッパー) ・ ロボットレンタル(Pepper・ペッパーくん) ・ ダンスパック 実施内容・結果 ・ 日本ならでは、かつ各国をもてなすダンスショーを実施 ・ 各テーブルへ移動走行し、会話やおもてなしなどを実施 等 類似イベント(公開可能案件) 訪日外国人 300名が特別な英語ペッパーを楽しみました 某業界の周年記念セミナー・ …

Welcome to Japan

某業界の周年記念セミナー・ パーティーを特別なペッパーがお祝い (ロボットレンタル・派遣事例)

This post is also available in: 日本語 (Japanese)こんにちは。 生活革命の広報担当です。 にわかに秋冬の準備で忙しくなってくる季節ですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。 弊社は「なんでも喋るロボ」を始めとしたイベントでのロボット活用で繁忙期が始まりつつあります。 (私もイベント運営経験があるため、そろそろ現場にお伺いするヘルプを求められそうな空気を感じています。) 今回は某業界団体様の周年記念パーティ・セミナーで弊社の「なんでも喋るロボ」のレンタルとロボットのイベント運営をさせていただいたお話です。 周年記念セミナー・パーティでの「なんでも喋るロボ」for Pepper 「なんでも喋るロボ」は販売促進や営業の性能が向上したことや、英語も喋るという特性から、昨今では展示会や小売店の販促イベント、訪日外国人のレセプションなどで活用される機会が増えてきています。 しかし、人を楽しませることも得意なシステムですのでパーティにもよくお呼ばれされています。 しかし、今回はそんなパーティの中でも、いわばビジネス向けのセミナー付きのパーティです。 なぜ「なんでも喋るロボ」for Pepperが必要だったのでしょうか。 伺ったところ、周年記念セミナー・パーティは業界の節目を祝うとともに、今後取り組むベき課題を改めて確認し意識を高めていく狙いがあるとのこと。 つまり、意識改革のために「なんでも喋るロボ」が必要ということのようでした。 なぜ意識改革のために「なんでも喋るロボ」なのか? 業界名は伏せているため、いまいちピンとこないという風に思われた方がいらっしゃるかもしれません。 しかし、伺ったご依頼の趣旨は普遍的なものでした。 「どんな業界もAIやロボットの変化は無視できない。業界の中でAIやロボットへの意識を高めて備える必要がある。その中でわかりやすい象徴が必要。」 なるほど。 確かにそうです。 弊社のシステム開発部門にもおおよそITとは関係が薄かった様々な方からロボットについてのお問い合わせをいただいています。 どの業界も早期にAIやロボットに対応していかなければ社会の変化に対応できない。こういった業界団体様のセミナーにおいては長期的な視野・視点で重大事について継続的な啓蒙活動が必要で、そのための旗印として、ロボットのレンタル・派遣が必要だったようです。 しかし、セミナー・パーティを企画する担当者様は弊社の他のロボットのレンタルではなく、「なんでも喋るロボ」をご依頼いただきました。 それはなぜだったのか? 普通のロボットだと大人の目は誤魔化せない。。。 旗印としてロボットを派遣しても、それが子供だまし(最近はお子様も目が肥えていますが。。。)だと、それが見え透いた啓発活動だということを大人はすぐに見破ってしまうわけです。 普通のロボットやペッパーは会話があまりできません。 特にセミナーやパーティの会場など雑音が多いところだと、普通のロボットはヒトの言葉を認識すらできません。 認識できたとしても、語彙が少ないため期待している答えも返してくれることはほとんどないので会話も続きません。 例えば、会場の入口でロボットがお客様を迎え入れるアイサツをするような使い方はよくあると思います。 それはそれで最初の印象は良いでしょう。 「おっ、うちの業界も遂にロボットか」と思うかもしれません。 そう思って、ロボットの方に近づいて話しかけようとすると、、、ちゃんとした反応が返ってない。。。。 こういったことはよくあります。 その瞬間に大人は冷めてしまうのです。 というよりも、備えましょうと言われているAIやロボットの世界とは違うため思っていたのと違うという方が正しいかもしれません。 「人によってはAIやロボットもこんなもんか」と逆効果になる可能性すらあります。 こういう理解が広まると業界にとって非常によくありません。 逆効果になってしまうと、来場した関係者の方々の「AI・ロボットへの意識改革」は当然果たされません。 旗印になったロボットは「ああ、我々の業界もAI・ロボットに備えなきゃダメだな。」と思ってもらえるものでないとならない。  これを満たせるものは「なんでも喋るロボ」だろうということで、ご用命をいただいたようです。(今回のセミナー・パーティのご担当者様もそうですが、他のご担当者様も上記のような意識で大人も納得する「なんでも喋るロボ」をご用命いただいているようです。) 「なんでも喋るロボ」for Pepperで、大人(業界関係者)の意識が変わる イベントの内容としては「なんでも喋るロボ」としては比較的一般的なものでした。 具体的には「会場入口でのアイサツ・会場案内」「団体の会長との掛け合いプレゼンテーション」「パーティのおもてなし」でした。 六本木ヒルズ高層階の大広間の一室にて、団体の会長様によるパーティのキックオフに際し、団体の会長と「なんでも喋るロボ」で強化したPepperとが掛け合いを行うところからパーティが開始。 通常は、こういった掛け合いのときだけは、お決まりのセリフを台本通りに喋らせるプレゼンテーションサービスを別途ご依頼いただくことが多いのですが、今回は「なんでも喋るロボ」に対して、会長が即興で会話をして乾杯に繋げるという、関係者の方にとってはハラハラドキドキする展開だったそうです。なぜハラハラするかと言うと、「なんでも喋るロボ」はお決まりのセリフを喋るわけではないため、その状況になるまで何を話すかはあまり予想ができないためです。 しかし、逆にその状況が出席者のみなさまの注目を集める形となり、会話のほうは問題なく、出席者のみなさまが楽しめるやり取りとなり、乾杯と相成りました。 パーティ: Pepperが移動しながら談笑に混じって会話 次は出席者のみなさまも「なんでも喋るロボ」で強化したペッパーと触れ合う番です。ペッパーがテーブルの一つ一つに移動しながら出席者様と会話をしたり(派手な)ダンスをしたりしながら、楽しませます。 実は大人が楽しめる反応もできるようにしているため、驚きや関心だけではなく、大きな笑いが絶えない状態が最後まで続きました。 もちろん喫煙所やトイレの案内もパーティの雑音の多い環境でも上手にこなし、「賢いなあ」「すごいなあ」「可愛いなあ」と言う言葉をたくさん投げかけられていました。 結果的には、帰りがけの出席者の方々から「ロボットすごかったな。」「これからはロボットだね。 ヤバイね。」と言った声がいくつも漏れ聞こえてきたことから、どうやらご担当者様の当初の目的に叶ったことが確認できました。(ワタクシ個人的に「なんでも喋るロボ」は成果が出しやすいサービスですので不安はないのですが、いつもこういう声や結果をいただけるとホッとするとともに非常に嬉しいです。) まとめ 今回は、某業界団体様のパーティ・セミナーで「なんでも喋るロボ」for Pepperをレンタル・派遣いただいた話を紹介させていただきました。 変化の多い世の中において、業界の意識を変えるのは簡単なことではないそうです。 そんな中で見た目にわかりやすいロボットで、かつ「大人も驚く、実感できる」「なんでも喋るロボ」は意識改革の一助になります。 実は今回の事例とは違って、既に複数回お呼びくださっている業界の方もいらっしゃいます。 その場合でも「今度は何ができるようになったの?… えー。 そんな事もできるようになったの? ドンドン進化しているなあ。」 と、ご自身が関わり始めているAI・ロボットの世界の肌感覚を再確認しているご様子で、意識や考察を深められるようです。 継続的に重要な意識変化のクサビを打ち込むにも効果があるようです。 最後に 生活革命ではこのようにビジネス向けのパーティ・セミナー向けにも「なんでも喋るロボ」for Pepperを展開しています。 「うちの業界でも未来のために意識を改革していかないと。」と言った課題をお持ちのご担当者様や、「クライアント企業から社員の意識改革を求められている」イベント企画担当者様のお役に立てるかもしれません。 そんなお悩み・課題をお持ちでしたら、是非ご相談ください。 お問合わせはコチラ 生活革命のロボットイベント事業のご紹介はコチラ イベントサマリー 某業界団体 周年記念セミナー・パーティ 実施期間・場所 2018年春 某所 お客様名 某運搬系業界団体 様 お客様の目的 ・ 業界の重要関係者へのAI・ロボットの啓発・啓蒙・意識改革 ・ 業界のIT化を進めていくため、「なんでも喋るロボ」で強化したPepperを活用することでAIやIoTの印象を強くしたい。 ご利用のロボット ・Pepper(ペッパーくん) 1台 実施サービス ・ イベントにおけるロボット活用企画・運営 ・ なんでも喋るロボ for Pepper(ペッパー) ・ ロボットレンタル(Pepper・ペッパーくん) 実施内容・結果 ・ 講演会前、来場される方たちへの挨拶、お出迎え ・ …

Funny cute dog celebrating party

Information retention rate over 85%! Our special robot works at medical trade shows and more!

This post is also available in: 日本語 (Japanese)Hello! This is Seikatsu Kakumei’s PR representative. How are you faring in the middle of the current heat wave? Since Pepper and other robots don’t do well under strong direct sunlight, it’s not the best time to run them outdoors, but our robots have been making waves at indoor events! Humans, on the other hand, seem a bit worn down recently! Now, we’ll share the story of how a special Pepper, upgraded with Seikatsu Kakumei’s robot boosting service Robot Party Reception Service, worked at a trade booth during a medical conference.  It’s difficult for a regular Pepper to deliver product explanations that get …

夏の暑さにぐったりする猫

At a worldwide brand’s company training, visiting managers were given special hospitality treatment by Pepper!

This post is also available in: 日本語 (Japanese)Hello, this is Seikatsu Kakumei’s PR representative. This year, just as it seemed like rainy season was starting, instead of raining it became extremely hot, then rainy season actually opened, with rain drizzling here and there. Just when we thought Japan had won the World Cup, we were shown hell. In various ways, it’s been an unexpected year. Bad surprises are no fun, but there are lots of enjoyable good surprises, too! Now, here’s a story of a surprising result gained from using Seikatsu Kakumei’s “robot that can say anything”. Pepper, the robot that can say anything in Ginza The location was Ginza …

300 Visitors from Overseas Enjoyed our English Pepper

This post is also available in: 日本語 (Japanese)Seikatsu Kakumei’s Pepper Provides English Language Entertainment and Hospitality at Trade Show Booths Hello, this is Seikatsu Kakumei’s event representative.   As we calm down from June’s busy event season, how are you doing? At our company, we’re already receiving a high volume of inquiries for the next big event season, making us busy all over again! Before Obon break, we’d like to put together everything there is to put together! We figure there must be a lot of event representatives with this on their minds. Anyway, here is the second half of our previous post,  A Pepper English Presentation for a Global …

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

ニュースレター購読はコチラ

レンタル・イベント派遣のキャンペーンや最新情報は、こちらから購読できます。    


お知らせ

ロボットレンタルのお問い合わせはこちらまで

生活革命のロボットイベントサービスの概要や歴史はこちらです。

キャンペーン情報

なんでも喋るロボ(ロボットレンタル・イベントサービス)の案内

【25万円相当のクーポン】

ただいまPepper for Bizの3年レンタル・リース・購入をお申込みいただいたお客様に、「なんでも喋るロボ」約25万円相当の利用クーポンを差し上げます。 詳しくはフォームよりお問合わせ下さい。

PAGETOP
Copyright © (株)生活革命 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.