「失敗できない」ロボット・Pepper(ペッパー)のレンタル・イベント運営なら生活革命。 国・自治体・医療・銀行・訪日など「失敗できない」イベントでの実績が豊富です。 独自のロボット強化システム「なんでも喋るロボ」で桁違いに賢いPepperの派遣・レンタルも実施。
最新情報

イベント

某業界の周年記念セミナー・ パーティーを特別なペッパーがお祝い (ロボットレンタル・派遣事例)

こんにちは。 生活革命の広報担当です。 にわかに秋冬の準備で忙しくなってくる季節ですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。 弊社は「なんでも喋るロボ」を始めとしたイベントでのロボット活用で繁忙期が始まりつつあります。 (私もイベント運営経験があるため、そろそろ現場にお伺いするヘルプを求められそうな空気を感じています。) 今回は某業界団体様の周年記念パーティ・セミナーで弊社の「なんでも喋るロボ」のレンタルとロボットのイベント運営をさせていただいたお話です。 周年記念セミナー・パーティでの「なんでも喋るロボ」for Pepper 「なんでも喋るロボ」は販売促進や営業の性能が向上したことや、英語も喋るという特性から、昨今では展示会や小売店の販促イベント、訪日外国人のレセプションなどで活用される機会が増えてきています。 しかし、人を楽しませることも得意なシステムですのでパーティにもよくお呼ばれされています。 しかし、今回はそんなパーティの中でも、いわばビジネス向けのセミナー付きのパーティです。 なぜ「なんでも喋るロボ」for Pepperが必要だったのでしょうか。 伺ったところ、周年記念セミナー・パーティは業界の節目を祝うとともに、今後取り組むベき課題を改めて確認し意識を高めていく狙いがあるとのこと。 つまり、意識改革のために「なんでも喋るロボ」が必要ということのようでした。 なぜ意識改革のために「なんでも喋るロボ」なのか? 業界名は伏せているため、いまいちピンとこないという風に思われた方がいらっしゃるかもしれません。 しかし、伺ったご依頼の趣旨は普遍的なものでした。 「どんな業界もAIやロボットの変化は無視できない。業界の中でAIやロボットへの意識を高めて備える必要がある。その中でわかりやすい象徴が必要。」 なるほど。 確かにそうです。 弊社のシステム開発部門にもおおよそITとは関係が薄かった様々な方からロボットについてのお問い合わせをいただいています。 どの業界も早期にAIやロボットに対応していかなければ社会の変化に対応できない。こういった業界団体様のセミナーにおいては長期的な視野・視点で重大事について継続的な啓蒙活動が必要で、そのための旗印として、ロボットのレンタル・派遣が必要だったようです。 しかし、セミナー・パーティを企画する担当者様は弊社の他のロボットのレンタルではなく、「なんでも喋るロボ」をご依頼いただきました。 それはなぜだったのか? 普通のロボットだと大人の目は誤魔化せない。。。 旗印としてロボットを派遣しても、それが子供だまし(最近はお子様も目が肥えていますが。。。)だと、それが見え透いた啓発活動だということを大人はすぐに見破ってしまうわけです。 普通のロボットやペッパーは会話があまりできません。 特にセミナーやパーティの会場など雑音が多いところだと、普通のロボットはヒトの言葉を認識すらできません。 認識できたとしても、語彙が少ないため期待している答えも返してくれることはほとんどないので会話も続きません。 例えば、会場の入口でロボットがお客様を迎え入れるアイサツをするような使い方はよくあると思います。 それはそれで最初の印象は良いでしょう。 「おっ、うちの業界も遂にロボットか」と思うかもしれません。 そう思って、ロボットの方に近づいて話しかけようとすると、、、ちゃんとした反応が返ってない。。。。 こういったことはよくあります。 その瞬間に大人は冷めてしまうのです。 というよりも、備えましょうと言われているAIやロボットの世界とは違うため思っていたのと違うという方が正しいかもしれません。 「人によってはAIやロボットもこんなもんか」と逆効果になる可能性すらあります。 こういう理解が広まると業界にとって非常によくありません。 逆効果になってしまうと、来場した関係者の方々の「AI・ロボットへの意識改革」は当然果たされません。 旗印になったロボットは「ああ、我々の業界もAI・ロボットに備えなきゃダメだな。」と思ってもらえるものでないとならない。  これを満たせるものは「なんでも喋るロボ」だろうということで、ご用命をいただいたようです。(今回のセミナー・パーティのご担当者様もそうですが、他のご担当者様も上記のような意識で大人も納得する「なんでも喋るロボ」をご用命いただいているようです。) 「なんでも喋るロボ」for Pepperで、大人(業界関係者)の意識が変わる イベントの内容としては「なんでも喋るロボ」としては比較的一般的なものでした。 具体的には「会場入口でのアイサツ・会場案内」「団体の会長との掛け合いプレゼンテーション」「パーティのおもてなし」でした。 六本木ヒルズ高層階の大広間の一室にて、団体の会長様によるパーティのキックオフに際し、団体の会長と「なんでも喋るロボ」で強化したPepperとが掛け合いを行うところからパーティが開始。 通常は、こういった掛け合いのときだけは、お決まりのセリフを台本通りに喋らせるプレゼンテーションサービスを別途ご依頼いただくことが多いのですが、今回は「なんでも喋るロボ」に対して、会長が即興で会話をして乾杯に繋げるという、関係者の方にとってはハラハラドキドキする展開だったそうです。なぜハラハラするかと言うと、「なんでも喋るロボ」はお決まりのセリフを喋るわけではないため、その状況になるまで何を話すかはあまり予想ができないためです。 しかし、逆にその状況が出席者のみなさまの注目を集める形となり、会話のほうは問題なく、出席者のみなさまが楽しめるやり取りとなり、乾杯と相成りました。 パーティ: Pepperが移動しながら談笑に混じって会話 次は出席者のみなさまも「なんでも喋るロボ」で強化したペッパーと触れ合う番です。ペッパーがテーブルの一つ一つに移動しながら出席者様と会話をしたり(派手な)ダンスをしたりしながら、楽しませます。 実は大人が楽しめる反応もできるようにしているため、驚きや関心だけではなく、大きな笑いが絶えない状態が最後まで続きました。 もちろん喫煙所やトイレの案内もパーティの雑音の多い環境でも上手にこなし、「賢いなあ」「すごいなあ」「可愛いなあ」と言う言葉をたくさん投げかけられていました。 結果的には、帰りがけの出席者の方々から「ロボットすごかったな。」「これからはロボットだね。 ヤバイね。」と言った声がいくつも漏れ聞こえてきたことから、どうやらご担当者様の当初の目的に叶ったことが確認できました。(ワタクシ個人的に「なんでも喋るロボ」は成果が出しやすいサービスですので不安はないのですが、いつもこういう声や結果をいただけるとホッとするとともに非常に嬉しいです。) まとめ 今回は、某業界団体様のパーティ・セミナーで「なんでも喋るロボ」for Pepperをレンタル・派遣いただいた話を紹介させていただきました。 変化の多い世の中において、業界の意識を変えるのは簡単なことではないそうです。 そんな中で見た目にわかりやすいロボットで、かつ「大人も驚く、実感できる」「なんでも喋るロボ」は意識改革の一助になります。 実は今回の事例とは違って、既に複数回お呼びくださっている業界の方もいらっしゃいます。 その場合でも「今度は何ができるようになったの?… えー。 そんな事もできるようになったの? ドンドン進化しているなあ。」 と、ご自身が関わり始めているAI・ロボットの世界の肌感覚を再確認しているご様子で、意識や考察を深められるようです。 継続的に重要な意識変化のクサビを打ち込むにも効果があるようです。 最後に 生活革命ではこのようにビジネス向けのパーティ・セミナー向けにも「なんでも喋るロボ」for Pepperを展開しています。 「うちの業界でも未来のために意識を改革していかないと。」と言った課題をお持ちのご担当者様や、「クライアント企業から社員の意識改革を求められている」イベント企画担当者様のお役に立てるかもしれません。 そんなお悩み・課題をお持ちでしたら、是非ご相談ください。 お問合わせはコチラ 生活革命のロボットイベント事業のご紹介はコチラ イベントサマリー 某業界団体 周年記念セミナー・パーティ 実施期間・場所 2018年春 某所 お客様名 某運搬系業界団体 様 お客様の目的 ・ 業界の重要関係者へのAI・ロボットの啓発・啓蒙・意識改革 ・ 業界のIT化を進めていくため、「なんでも喋るロボ」で強化したPepperを活用することでAIやIoTの印象を強くしたい。 ご利用のロボット ・Pepper(ペッパーくん) 1台 実施サービス ・ イベントにおけるロボット活用企画・運営 ・ なんでも喋るロボ for Pepper(ペッパー) ・ ロボットレンタル(Pepper・ペッパーくん) 実施内容・結果 ・ 講演会前、来場される方たちへの挨拶、お出迎え ・ 記念パーティ冒頭、会長とペッパーによる会話・アイサツ・プレゼン ・ 記念パーティ中、会場内で移動しながら、会話・場内案内・おもてなし・ダンス 等 類似イベント(公開可能案件) 訪日外国人 300名が特別な英語ペッパーを楽しみました …

Funny cute dog celebrating party

Pepper Became a Dog!? (School Fair Robot Event Rental Example)

Hello, everyone! This is Seikatsu Kakumei’s PR and sales team. It’s been over half a year since our last event rental report.   Or so we say, but since last year, we’ve been offering our full-scale new Robot Party Reception Service and fulfilling a surge in orders for it, with business event hosts and spokespersons like us as staff, staying with the excuse of answering customers’ hopes through blog updates… (At Seikatsu Kakumei, pretty much all of the staff have event hosting experience, so you can rest assured about our quality as an advertising and operations company.) Anyway, as for our Robot Party Reception Service, we’d like to ask those who …

Pepper(ペッパー)の犬の格好はこのようになりました。

[Case Study] Our Robot Customer Service System Trusted by Industry Top-Class Companies

Laurel Bank Machine has adopted Seikatsu Kakumei’s customer service system into their robot banking reception system. Preparations are underway for nationwide deployment. Last November, in the heart of Tokyo, in Koredo Muromachi’s Nihonbashi Mitsui Hall, Laurel Bank Machine’s 70 year anniversary exhibition was unveiled.  As one out of the company’s  great number of hardware and solutions for the financial industry, the robot banking reception system was announced. A quick adoption will begin in December and is already gaining in popularity. Laurel Bank Machine is a top-class creator of financial equipment, established over 70 years as a strong company. The foundation of this system utilizes our company’s Robot Customer Service System …

[Trade Show Exhibit] [Robodex] Many Visitors Came to Seikatsu Kakumei Booth

We Exhibited at the First Robodex Robot Development and Use Show This is our report of Robodex, a robot development and usage trade show held from January 17th (Wednesday) to 19th (Friday) at Tokyo Big Sight. At Robodex, service robots such as Pepper, robots for manufacturing work, as well as developments related to robot technology met together to create a large robot-focused trade show. An Armored Pepper Worked Customer Service At Seikatsu Kakumei’s booth, we introduced our company’s robot reception and customer service systems. Visitors from industries such as banks and hospitals where high hurdles block the path to commercial operation voiced surprised that we had already achieved a long-term …

[Trade Show Exhibition] Seikatsu Kakumei a Gold Sponsor at Pepper World 2017

This is an event exhibition notice. Opening on Feburary 8, 2017, we are supporting and sponsoring the SoftBank company’s annual big Pepper event Pepper World 2017. As one of few gold sponsors, we plan to have our booth located in a place where visitor traffic is concentrated. We will also be exhibiting a lot of Seikatsu Kakumei’s advanced technology. We will be awaiting your visit.

[Case Study] Pepper Elderly Monitoring System Robophone and Smart Watch Development

Seikatsu Kakumei has developed a robot and IoT device application to aid in monitoring the elderly, in collaboration with RTC, Inc. (headquartered in Kamisawa, Kawachi, Tochigi Prefecture). On February 10, 2017, special elderly nursing home Fujiyama no Hoshisama (of Kamisawa, Kawachi, Tochigi Prefecture) began a test demonstration. This system utilizes Pepper (which Seikatsu Kakumei has used in creating many solutions), Robophone (which is gaining attention as a new communication robot), and smart watches using Google’s latest OS, Android Wear 2.0. With the cooperation of multiple devices, we provide a means of communication in the form best suited to caregivers and residents. This elderly monitoring system collaborates with Pepper, Robophone, and …

[Trade Show Exposition] Seikatsu Kakumei’s Pepper Travels Autonomously to Give Booth Directions! Pepper World 2017 Expo Report

What! Pepper can walk around to introduce products!? On February 8, 2017, SoftBank held their official big annual Pepper event, Pepper World 2017. What did Seikatsu Kakumei do this time? We exhibited a Pepper that moves around all by itself.   Walking Pepper a Big Success! Pepper exhibited demonstrations of four of our company’s services (included event-focused services as well as our specialty banking reception system) while walking around. Few companies have been able to realize the technology for Pepper to walk around autonomously. As it brought out many ideas about practical applications, it was a huge success. Please feel free to inquire. We already have many clients within the …

生活革命の新システムにより、動き回りながら商品のプレゼンテーションを行いました。来場者の方はみなさん驚いていました。

[Trade Show Exposition] Many Interested Voices at Robot World Expo Proprietary Event Proposal

Exhibition at the first Robot World Expo Robot World Expo is a Japanese large-scale sales promotion market-focused trade show, the first in exhibition of special premium incentives. The commercial use of robots for such exhibition purposes has been widely recognized.   This time, the Saitama prefectural government took the opportunity to exhibit a Saitama prefecture booth, alongside the famous industrial drone company Enroute, Inc.   Introducing via automated presentation system At Seikatsu Kakumei’s booth, using the knowledge and experience we have accumulated, we demonstrated our robot event solutions with a video while our smart Pepper gave a smooth presentation about our company’s products. Pepper use is growing at trade show booths, …

ロボットワールドEXPOでは、生活革命のシステムにより強化されたペッパーが大活躍!

[Trade Show Exhibition] Special Exhibition at Aya no Kuni Business Arena 2017

Appearing as a Special Exhibitor Though this topic is a little dated now, we exhibited at the Aya no Kuni Business Arena 2017 as a special (robot) exhibitor. Pepper introduces local prefecture companies and organizations We exhibited Pepper (a communication robot)’s event and exhibition-use presentation systems. Not only did we demonstrate our own company’s business, we discussed topics of the day, along with introducing the Saitama prefectural government and local Saitama businesses. Pepper’s presentation in conjunction with the use of a big screen proved very eye-grabbing, causing many guests to stop in their tracks to listen. Furthermore, the local Saitama businesses introduced were extremely pleased. We help with regional activities! …

生活革命のシステムで強化したペッパーが、侍のコスプレをして、プレゼンテーションをしました

[Case Study] Seikatsu Kakumei’s Robot System a Big Hit at Aqura Home’s Big Thanks Event!

Aqura Home’s Event Still a Big Success On September 4, 2016 at Aqura Home’s event held in Shinjuku, Seikatsu Kakumei’s Pepper system (already experienced as an event guide and spirit booster) was a big hit. The Belle Salle Shinjuku Grand event hall The secret to success, Seikatsu Kakumei’s robot booster As with the school open house event we reported on a while ago, using Seikatsu Kakumei’s robot booster technology, children can be distinguished from older people (for example) and appropriate, flexible conversations are held, bringing good spirits to event receptions. Not just a regular event guide or host, contents are also used to spread knowledge about Aqura Home’s efforts and …

1 2 3 »

ニュースレター購読はコチラ

レンタル・イベント派遣のキャンペーンや最新情報は、こちらから購読できます。    


お知らせ

ロボットレンタルのお問い合わせはこちらまで

生活革命のロボットイベントサービスの概要や歴史はこちらです。

キャンペーン情報

なんでも喋るロボ(ロボットレンタル・イベントサービス)の案内

【25万円相当のクーポン】

ただいまPepper for Bizの3年レンタル・リース・購入をお申込みいただいたお客様に、「なんでも喋るロボ」約25万円相当の利用クーポンを差し上げます。 詳しくはフォームよりお問合わせ下さい。

PAGETOP
Copyright © (株)生活革命 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.