「失敗できない」ロボット・Pepper(ペッパー)のレンタル・イベント運営なら生活革命。 国・自治体・医療・銀行・訪日など「失敗できない」イベントでのレンタル実績が豊富です。 独自のロボット強化システム「なんでも喋るロボ」で桁違いに賢いPepperの派遣・レンタルも実施。

Warning: explode() expects parameter 2 to be string, object given in /home/seikaku/seikaku.co.jp/public_html/wp-content/themes/biz-vektor/module_panList.php on line 130

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/seikaku/seikaku.co.jp/public_html/wp-content/themes/biz-vektor/module_panList.php on line 131
  • HOME »
  • »
  • 【Pepper(ペッパー)レンタル事例④】Pepper(ペッパー) 某大手メーカ様の商談会に立つ
最新情報

【Pepper(ペッパー)レンタル事例④】Pepper(ペッパー) 某大手メーカ様の商談会に立つ

This post is also available in: 日本語 (Japanese)

Pepper(ペッパー) 300名のお客様にプレゼンテーション

最近は天気が良くて暖かい日も多く、すっかり春という感じですね。

(花粉も絶賛猛威を奮っているので、個人的には残念ながら辛い季節です。。。)

さて、弊社のロボット・Pepper(ペッパーくん)の案件で大きいアップデートが1つありました。

3月21日(土)に、弊社のPepper(ペッパーくん)をレンタルいただき、約300名のお客様の前でPepper(ペッパーくん)による会社プレゼンテーションを行いました! プレゼンテーションプログラムと、当日の安定運営は弊社スタッフにて実施しています。

(おそらくソフトバンク主催のものを除いて過去最大級ではないでしょうか。)

生活革命_大手メーカー_商談会01

Pepper(ペッパーくん)でお客様に伝えたかったこと

元々は、ファミリーのお客様に向けてPepper(ペッパーくん)の力で、より多くの方に会社・商品を理解してもらいたいというご相談をいただき、始まったプロジェクトでした。

会社のビジョンや方向性、商品の考え方等を勉強し、Pepper(ペッパーくん)が伝えるべきメッセージのコンセプト・内容や動きをご提案しながら、クライアント様と議論しながら一緒になって創り上げていきました。

結果として、来場されたお客様の反応は非常に良いものでした。 会社と商品に対するイメージも上がったようで、クライアント様もお喜びでした。

Pepper(ペッパーくん)の声を通して企業のメッセージはより深く伝わるという一つの事例となりました。

生活革命_大手メーカー_商談会02

弊社のPepper(ペッパー)プレゼンテーションの特徴

弊社ではクライアント様に併せて、Pepper(ペッパー)のプログラムを作るだけでなく、会社の考え方に則ったコンセプト等からご提案し、そこから話の内容・動きなどをプログラム、更にイベント会場当地での設営等も行っています。

Pepper(ペッパー)は非常に繊細なロボットなので、何も対処しないと急に止まったりすることもあります。

生活革命ではあらかじめ、そういったリスクなどを技術と運営の両面で解消することで安定運用を実現しています。

もしも、Pepper(ペッパー)を使ってのプレゼンテーションされたいお客様いらっしゃいましたら、是非ご相談下さい。

生活革命_大手メーカー_商談会03

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

[Pepper Rental Case 4] Pepper at a Certain Major Manufacturer’s Business Meeting

This post is also available in: 日本語 (Japanese)

Pepper Gave a Presentation to 300 Customers

Recently there have been many warm days with nice weather, so doesn’t it feel like spring?

(Pollen is also in full effect, so personally it’s been unfortunately a difficult season…)

Moving on, we have a big update of a case using our company’s robot Pepper.

On March 21 (Saturday), our company’s Pepper was rented and, in front of approximately 300 customers Pepper gave a company presentation! The presentation program and stable operation on this day were realized by our staff.

(Other than SoftBank’s previous sponsored ones, this was probably the largest.)

生活革命_大手メーカー_商談会01

Wanting to Convey to Customers Through Pepper

Originally, this project began after many consultations where the clients sought to use Pepper’s power towards family customers to facilitate understanding of the companies and products to a large audience.

Studying the company’s vision and direction, product considerations, and more while suggesting concepts, contents, and movements for the message Pepper should convey, we were able to create while discussing with the clients.

As for the results, the reaction of visiting customers was extremely positive. As the company and its products’ image improved, the client was also pleased.

Through Pepper’s voice, this became a case where the company’s message was more deeply conveyed.

生活革命_大手メーカー_商談会02

The Advantages of Our Company’s Pepper Presentations

At our company, together with clients, we not only create Pepper programs. We also suggest concepts, etc., tailored to the company’s way of thinking concept, and from there, programming speech topics and movements, and additionally, the setting, etc of the event hall.

As Pepper is an exceptionally delicate robot, there are times where it may suddenly stop even without anything being done to it.

At Seikatsu Kakumei, we create solutions to that type of risk in advance with both technology and operations, realizing stable performance.

If perhaps any customers would like to give a presentation using Pepper, please be sure to consult with us.

生活革命_大手メーカー_商談会03

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © (株)生活革命 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.