「失敗できない」ロボット・Pepper(ペッパー)のレンタル・イベント運営なら生活革命。 国・自治体・医療・銀行・訪日など「失敗できない」イベントでのレンタル実績が豊富です。 独自のロボット強化システム「なんでも喋るロボ」で桁違いに賢いPepperの派遣・レンタルも実施。

Warning: explode() expects parameter 2 to be string, object given in /home/seikaku/seikaku.co.jp/public_html/wp-content/themes/biz-vektor/module_panList.php on line 130

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/seikaku/seikaku.co.jp/public_html/wp-content/themes/biz-vektor/module_panList.php on line 131
  • HOME »
  • »
  • 【プレスリリース】生活革命のロボット受付システムが銀行業務の一部を代替
最新情報

【プレスリリース】生活革命のロボット受付システムが銀行業務の一部を代替

This post is also available in: 日本語 (Japanese)

8月8日より「ロボット接客・受付システム」バージョン3の販売・提供開始!

生活革命のロボット受付システムが銀行業務の一部を代替

~ 銀行・通貨処理機業界大手メーカー・ロボット企業の協業による国内初の取り組み ~

 

株式会社生活革命(本社:埼玉県さいたま市、代表取締役:宮沢 祐光、以下 当社)は、株式会社武蔵野銀行(頭取 加藤喜久雄)、ローレルバンクマシン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:池邊 孟)との協業により、国内初の取り組みである、「受付番号呼出機器と連動したロボットシステム」の提供を、2016年8月1日(月)に開始しました。
これに伴い、本システムの基幹技術である「生活革命 ロボット接客・受付システム」バージョン3の販売・提供を2016年8月8日(月)より開始いたします。

銀行受付

■「受付番号呼出機器と連動したロボットシステム」とは

本システムは、当社のサービスロボットの性能や能力を強化・拡張するシステムを提供する目的で発足したブランド「ロボモード」(TM)の商品である、接客用システム「生活革命 ロボット接客システム バージョン3 for Pepper(ペッパー)」と、ローレルバンクマシン株式会社の受付呼出システム(INC-300)を連携させたものです。ご来店されたお客様に対して「受付画面の表示」「受付番号の発券」「受付番号の呼出」等の一連の銀行受付業務を、ロボット(ペッパー)で実施できるようにし、単純・シンプルでありながら銀行業務の受付という必須業務の代替を目指します。

また、受付機能以外にも、当社の「生活革命ロボット接客システム for Pepper(ペッパー) バージョン3」が有する独自技術を活かした「天候に基づいた来店あいさつ」機能や、「地域内の近隣施設のイベント情報発信」機能により、配慮やおもてなしを見せながら、地域に密着したロボットを実現しています。更にロボット(ペッパー)の胸にはレシートプリンタを備え付けており、胸から受付番号を印字したレシートを発行する様はお子様をはじめ、お客様から大変好評をいただいています。

IMG_0251

■当社の「ロボット高速接客システム for Pepper(ペッパー)」について

当社製品の「ロボット高速接客システム for Pepper(ペッパー)」は、医療業界では、医療向け予約・受付システムで市場シェアの高い株式会社アエル様によって「日本初のモバイルバーコードプリンタとの連動機能を搭載したバージョン1」の実証実験に、2015年7月から導入されています。また、住宅業界では、2015年9月から住宅メーカー大手の株式会社アキュラホーム様や、株式会社日本ハウスホールディングス様、株式会社ライダース・パブリシティ様によってバージョン2が採用されています。
通年で、現地運用から得られた生の課題を収集することで、コンパクトなシステムでありながら、問題解決能力の高いシステムを実現し続けています。2016年8月現在の対応機種は、ソフトバンク社製のコミュニケーションロボットPepper(ペッパー)です。今後は、金融、飲食・公共機関・保険・その他窓口待合があるサービス業への普及を進めていく予定です。

■株式会社生活革命 会社概要

生活革命は、「Enhance Human and Robotics」というビジョンを掲げ、2020年以降の少子高齢化や外国語能力者不足などの諸問題を解決し、将来的な社会インフラに寄与することを目指します。引き続き、ロボット・IoT・AI・スマートデバイス技術のユースケースと社会の一部として持続可能なビジネスモデルの開拓を進めてまいります。

商号  : 株式会社 生活革命
代表者 : 代表取締役 宮沢 祐光
所在地 : さいたま市中央区上落合2丁目3番2号
新都心ビジネス交流プラザ 5階(さいたま新都心から徒歩5分)
設立  : 2014年5月
事業内容: Pepper(ロボット)ソリューション企画・開発・技術付与
スマートフォン向けWebサイト・アプリの企画・コンペ支援
URL   : //www.seikaku.co.jp/

生活革命は、Pepperのアプリケーション開発における実技および筆記試験を経て、ソフトバンクロボティクス株式会社の「Pepperパートナープログラム」より一定の知識や技術水準を満たしたと評価され、ロボットアプリパートナー(Basic)として認定されました。
認定ID:PPP201508016

「Pepperパートナープログラム」とは
http://www.softbank.jp/robot/developer/program//partner/
ロボットアプリは、ソフトバンクロボティクス株式会社の登録商標です。

【本プレスリリースに関するお問い合わせ先】
株式会社 生活革命 広報担当
Tel  : 048-829-7755
E-Mail: support@seikaku.co.jp

※本リリース記載の情報は、発表日現在の情報です。予告なしに変更される可能性もありますので、あらかじめご了承ください。

 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

[Press Release] Seikatsu Kakumei’s Robot Reception System a Partial Substitute for Bank Work

This post is also available in: 日本語 (Japanese)

From August 8, “Robot Customer Service and Reception System” Version 3 Available for Sales!

Seikatsu Kakumei’s Robot Reception System a Partial Substitute for Bank Work

Bank and Major Currency Processing Industry Maker Collaborates with Robot Company to Create the Country’s First

Seikatsu Kakumei, Inc. (Located in Saitama, Saitama Prefecture; Representative Yuukou Miyazawa) is cooperating with Musashino Bank, Inc. and Laurel Bank Machine, Inc to create a first in the country “Reception Number Calling Robot System”, which was opened for offer on August 1, 2016.

Accompanying this, the system’s underlying technology “Seikatsu Kakumei Robot Customer Service Reception System” Version 3 sales have opened starting August 8, 2016.

銀行受付

About our “Robot System that acts as Reception Number Calling Machine”

This system uses our company’s service robot performance and ability enhancements with the RoboMode ™ product brand established for the purpose of system expansion.

It is a collaboration between the customer service system Seikatsu Kakumei Robot Customer Service System Version 3 and Laurel Bank Machine, Inc.’s reception calling system (INC-300).

The series of banking reception services for visitors include reception screen display, reception number ticketing, and reception number calling, which we aim to implement by robots to provide simple yet necessary business services for the banking industry.

Beyond just reception features, the technology of our company’s Seikatsu Kakumei Robot Customer Service System Version 3 also features greetings based on the weather and offers a local venue’s event information while showing consideration and hospitality, realizing a robot that stays connected to the local community. Additionally, a receipt printer is attached to the robot’s chest. Starting with children who enjoy receiving numbers printed from the chest, it has proven very popular with customers.

IMG_0251

About Our Company’s Robot High Speed Customer Service System

Our company’s product Robot High Speed Customer Service System “Version 1 equipped in cooperation with Japan’s first mobile barcode printer” has been running as a trial demonstration since July of 2015 via the high medical appointment and reception industry market share holding company AEL, Inc. Additionally, version 2 has been adopted in the housing industry, since September of 2015, major housing manufacturers Aqura Home, Inc., Japan House Holdings, Inc., and Riders Publicity, Inc.

While collecting tasks from local operations year-round, and while it is a compact system,  we continue to realize a system with high problem solving capacity. As of August 2016, the corresponding device model is Softbank Corp.’s communication robot, Pepper. In the future, we plan to promote the spread of this system to financial service, food service, public institutions, insurance, and other service window-based institutional use.

Seikatsu Kakumei, Inc. Company Profile

At Seikatsu Kakumei, with the vision to enhance humanity through robotics, we seek to resolve issues such as the declining birthrate/aging population and lack of people with foreign language proficiency for the year 2020 and beyond, contribute to the social infrastructure of the future, and contribute to society by continuing to develop sustainable business models using robot, IoT, AI, and smart device technology.

Company Name: Seikatsu Kakumei, Incorporated
President: CEO Yuukou Miyazawa
Address: Shintoshin Business Kouryuu Plaza 5F 2-3-2 Kami-Ochiai, Chuo, Saitama Prefecture (5 minutes on foot from Shintoshin, Saitama Prefecture)
Established: May 2014
Work Subject: Pepper (robot) planning, development, technology granting, websites for smartphones, application planning, competition support
URL   : http://www.seikaku.co.jp/

Seikatsu Kakumei has been certified as a robot application partner (Basic) by SoftBank Robotics, Inc.’s Pepper Partner Program, as the practical skills and written examination was evaluated as satisfying both knowledge and technical standards.

Certification ID: PPP201508016

For more details regarding the Pepper Partner Program,
http://www.softbank.jp/robot/developer/program/partner/ (Japanese)

Robot application is a trademark of SoftBank Robotics, Inc.

[For inquiries related to this press release]
Seikatsu Kakumei, Inc. Public Relations
Tel: +81 048-829-7755
E-Mail: support@seikaku.co.jp

*The information described in this release is current as of the date of release. Please be forewarned that it may be subject to change without notice.

 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © (株)生活革命 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.