This post is also available in: English (英語)

展示会イメージ

こんにちは。
生活革命 広報担当です。

今年後半のイベント繁忙期も10月中旬となり、いよいよ後半戦ですね。 年越しまで、もうひと踏ん張りという方も多いのではないでしょうか。 (逆に12月が年末のパーティやイベントだよ! というお客様の声も伺っております^^;;)

さて、今回は最近ますますパワーアップしている「なんでも喋るロボ」の活用事例のご紹介となります。 「なんでも喋るロボ」はペッパーの能力が桁違いに向上する独自のイベント向けシステムサービスです。 昨今また報道が多くなり色々な意味で話題のペッパーですが、弊社の「なんでも喋るロボ」とセットでレンタルいただくと、イベントやパーティにおいて驚くほど役に立つようになります。

今回はそんな「なんでも喋るロボ」を建材系展示会のブースでのレンタルと運営をご依頼いただいた例です。

場所は名古屋の「ポートメッセなごや」です。 「ポートメッセなごや」と言えば名古屋でも屈指の巨大展示場で、東京で言うならば国際展示場のような場所です。 一般向け・法人向け問わず、様々な展示会が行われている歴史ある展示場です。

目的は建材系展示会のIoT体験への誘導

なんでも喋るロボがIoTブースをご案内

もはやIoT(Internet Of Things)を無視できる業界など存在しないのではないか? というくらいの潮流になっているIoTですが、建材系展示会でも例外ではありません。

建材系展示会では建物を建てる企業や職人のみなさまが来場されます。 より良い建物を作るため、より良い仕事をするために、より良い建築資材を見に来られるわけです。

建築といえば住宅の建築もスコープになるわけですが、IoTも家の構成要素として考えられてきています。 遠隔ドア開閉や遠隔エアコン制御、スマートスピーカなど、様々なIoTが住宅の世界にも入ってきています。

展示会のミッションとしては、これらを住宅を買う方だけでなく、住宅を創る方たちに早く知ってもらって普及を促進していく必要が出てきています。

徐々に重要になってきているIoT機器を体験してもらうために、同じIoTであるペッパーがいいだろうということになり、ペッパーのレンタルとロボット運用のご依頼をいただいたそうです。 展示ブースの外にいる来場者様をペッパーが呼び込んで、ブース内のIoT体験コーナーに流してほしいという要望です。

でも、単純なものはすぐ見破られる

職人さん
今回のイベントでは建築をする側の方々が来られています。 生活革命は昔から建築メーカ様など建築関係の会社様から依頼をいただいて仕事をさせていただくことが多いのですが、弊社の経験ではモノづくりおに関わる方々は新しいモノが大好きで非常に柔軟な方が多いです。 モノに限らずITやIoTに関しても関心があって楽しもうとされます。 その中でモノの「本質」を見抜くのが非常にうまいです。 つまり、単純なものはすぐに見破る目をお持ちです。

大人の男性と話すペッパー

通常のペッパーは良いロボットではありますが、展示会では雑音が強すぎて会話は難しいなどいくつもの課題があります。 ある場所に立っていて一方通行の案内をする等の単調な動作になりがちです。 これでは、ペッパーが珍しいと思ってくださっている職人の方でも触れ合ってすぐに飽きてしまいます。

ペッパーのもの珍しさではなく、ロボットが賢く、しっかり集客の仕事をするということが必要という話になりました。そこで「なんでも喋るロボ」の登場です。

そこで「なんでも喋るロボ」

そこで「なんでも喋るロボ」です。 生活革命の「なんでも喋るロボ」で強化されたペッパーは通常のペッパーと違い、以下のような特徴があります。
・ 雑音環境下でも会話ができます。
・ 驚くほど色々な話題で会話ができます。
・ お客様の元に移動します。(立ちっぱなしではありません。)
・ 会話の内容や周囲の状況から最適なアクションをとります。
・ お客様の顔色を見ながら、お客様が集中してもらえるセールストークを行います。

このあたりは過去のブログ記事などでも書いているのですが、今回特徴的だったのはダンスです。

ダンスで同時にたくさんの人を集客

今回はブースの外を流れるお客様をなるべくたくさんブース内のIoT体験コーナーに流していきたいということでした。 商品の理解は体験をしてもらえれば理解はしてもらえます。 そのため、一対一のセールストークと言うよりも、たくさんの人にアプローチをして人を流していく必要がありました。
ダンスで集客するペッパー

これを達成するためにとったアプローチはスマートブース案内とプレゼンテーションに加えて、「ダンス」でした。

切れ味のあるダンスをしながら、動きに合わせてブースの案内をするという大変目を引くものです。1つのダンスにつき長さ1分以上のものが多く純粋な余興としても楽しいものです。(画像非公開ですが、イベント検討されているお客様にはお見せできるものもあるそうなので、お問い合わせください。)

通行している人が少ないときには歩み寄って集客誘引、人がたくさんいらっしゃるときにはダンスで集客誘引。 これらを使い分けて集客を行いました。

これによりお客様がブース内に入り、IoT機器を体験いただくことができました。

お客様をお見送りするロボット

まとめ

今回は名古屋の大型展示場「ポートメッセなごや」にて、「なんでも喋るロボ」で強化したペッパーがIoT体験の集客に引き込んだというお話でした。

「なんでも喋るロボ」はペッパーの会話能力、移動能力、状況判断能力の3つを飛躍的に向上させます。

ペッパーは他のロボットに比べて圧倒的に知名度が高く、知らない人がいないくらいの人気があるというのがミソで、その知名度のあるロボットが期待を越えて遥かに賢いということが驚きと感動を呼んでいます(という感想をいただいたので記載させていただきました)。

既に来年度に向けても様々な展示会で活用いただく話が進んでおり、またイベントでの目的達成能力を更に向上させるためにバージョンアップも進んでいます。
もし「うちのイベントやパーティでは使えるんだろうか?」とお考えでしたら、是非ご相談ください。
生活革命の経験豊富なスタッフがなんでも喋るロボやペッパーに限らず、ご相談させていただいております。

生活革命へのロボット・Pepper(ペッパー)のレンタル・派遣・イベント企画運営(展示会・パーティ・販促イベント・プレゼンテーション)のご相談をお待ちしております。

お問合わせはコチラ

生活革命のロボットイベント事業のご紹介はコチラ

イベントサマリー

大手建材企業展示会でのIoTブース集客
実施期間・場所
2018年夏 ポートメッセなごや
お客様名
日本最大手の住宅建材企業様
お客様の目的
・ IoT体験を行ってもらう来場者の方を増やしたい
ご利用のロボット
・Pepper(ペッパーくん) 1台
実施サービス
イベントにおけるロボット活用企画・運営
なんでも喋るロボ for Pepper(ペッパー)
ロボットレンタル(Pepper・ペッパーくん)
・ ダンスパック
実施内容・結果
・ IoTブースの魅力を案内
・ 会話を通してのブース誘導
・ お子様の会話・ゲームによるおもてなし
・ ダンスによる多人数のお客様のブース集客
類似イベント(公開可能案件)
ヒルトンの訪日イベントで「なんでも喋るロボ」が啓発活動
某省庁3カ国会合で生活革命のペッパーがおもてなし 
世界的ブランド企業の研修で、訪日マネージャを特別なペッパーがおもてなし
ご案内の聴取率85%超え!医療系展示会でも特別なロボットが活躍