「失敗できない」ロボット・Pepper(ペッパー)のレンタル・イベント運営なら生活革命。 国・自治体・医療・銀行・訪日など「失敗できない」イベントでのレンタル実績が豊富です。 独自のロボット強化システム「なんでも喋るロボ」で桁違いに賢いPepperの派遣・レンタルも実施。

Warning: explode() expects parameter 2 to be string, object given in /home/seikaku/seikaku.co.jp/public_html/wp-content/themes/biz-vektor/module_panList.php on line 130

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/seikaku/seikaku.co.jp/public_html/wp-content/themes/biz-vektor/module_panList.php on line 131
  • HOME »
  • »
  • 【5/19Androidモデル追記】Pepper モデル毎の違いは? <価格・料金比較編>
最新情報

【5/19Androidモデル追記】Pepper モデル毎の違いは? <価格・料金比較編>

This post is also available in: 日本語 (Japanese)

[2016年5月19日更新]
ソフトバンクよりPepper(ペッパー)のAndroid対応が発表されたことに伴い、Android対応版の価格・料金を追記しました。

<関連記事>今「Pepper(ペッパー)を買うか悩ましい」3つの理由。 Android対応は実質「新機種」の発表会だった!
13234878_1064921743589381_487667389_o

前回のPepper(ペッパー)法人モデルの解説記事に続く第二弾です。

<前回の記事>
3分で分かる、Pepper(ペッパー) for Bizかんたん解説

 

最近、街なかでPepper(ペッパー)を見る機会も増えてきましたね。弊社では法人企業様向けのロボット・Pepper(ペッパー)アプリ開発・導入支援を行っていますが、導入を考えている法人企業様から「Pepper(ペッパー)ってそもそも何ができるの?」「どんなプランに入ればいいの?」といった質問をいただくことも増えてきました。

ソフトバンクのホームページを一度はご覧いただいたことはあると思いますが、機能の内容やプランだけでなく、自社で使う時にどんな風に使えるのか、どれぐらいの費用がかかるのか、もう少し詳しいことも知りたいですよね。
生活革命は最近ではイベント向けPepper(ペッパー)レンタルでも取り上げられることが多く、イベント向けPepper(ペッパー)レンタルの会社と思われていることが多いのですが、実はPepper(ペッパー)のソフトバンク正規販売取次店でもあります。経験・実績豊富でPepper(ペッパー)のことは知りつくした弊社ならではの観点から、Pepper(ペッパー)のことをもっと詳しく知りたいという方のために具体例も交えてわかりやすく解説します。Pepper(ペッパー)導入を考えていらっしゃる方の参考になれば幸いです。

今回の記事では、Pepper(ペッパー)の一般販売モデル、Pepper(ペッパー) for Bizの法人向けモデルに加え、2016年5月19日に発表されたAndroid対応のPepper(ペッパー)の開発者向けモデルの価格・料金を比較しました。実はそれぞれのモデルで支払い方法(一括払い・分割払い)や契約方法(買い取り・レンタル)が異なり、毎月の支払額や合計金額も変わってきます。ホームページの情報だけではPepper(ペッパー)を契約したら結局いくらになるのか迷ったことはありませんか?また、そもそも本体以外に何のためにお金がかかるのかをよく分からない方もいらっしゃるのではないでしょうか?この記事ではPepper(ペッパー)を契約するために必要な料金についてまとめました。難しい料金プランや契約方法もこの記事さえ読めば大丈夫です。

※本記事の内容は2016年5月19日時点の情報です。ソフトバンクホームページ、利用規約等に記載されている情報を元に作成しました。

 

[toc]

 

Pepper(ペッパー)を契約するために何にお金がかかる?

ソフトバンクと契約してPepperを使うためには主に3つの費用がかかります。本体を買うだけでなく、基本サービスを使うためのプランへの加入や保証を受けるためのプランへの加入が必要です。

 

<Pepper(ペッパー)本体>
「Pepper 本体」を購入もしくはレンタルするための費用が必要です。「Pepper(ペッパー)本体」には、Pepper(ペッパー) そのものの他にPepper(ペッパー)を利用するための充電器などの付属品が付きます。

<基本プラン>
Pepper(ペッパー)を便利に使うためには基本プランへの加入が必要です。基本プランに加入することで、ロボットとの会話を楽しんだり、ロボットを動かすための便利なアプリを使うことができます。
基本プランの内容は一般モデルと法人モデルで異なります。(詳しい内容は後日公開予定の一般モデルと法人モデル比較記事<機能・サービス編>で解説します。)

<保証サービス>
Pepper(ペッパー)は多くの部品を使って作られた精密機械なので修理費用が高くなってしまう可能性があります。万が一の故障時にも安心していただけるよう、毎月一定の料金を支払うことで故障時の修理費用が割引されたり免除されるサービスが提供されています。通常の保証では範囲外の故障の場合でも保証サービスに入ることでカバーされることもあり、言わば保険のようなサービスです。
保証サービスの内容も一般販売モデルと法人向けモデルで異なります。(詳しい内容は後日公開予定の一般モデルと法人モデル比較記事<機能・サービス編>で解説します。)

 

Pepper(ペッパー)の一般販売モデルの価格・料金

Pepper(ペッパー)の一般販売モデルでは支払いの方法を分割払いと一括払いから選べます。分割払いの期間は36ヶ月です。

サービスの名称はそれぞれ、
・基本プラン:「Pepper(ペッパー) 基本プラン」
・保証サービス:「Pepper(ペッパー) 保険パック」
です。
一般販売モデルでは基本プラン、保険パックへの加入は必須となっており、サービスの契約期間は36ヶ月です。
Pepper(ペッパー) 基本プランに関しては37ヶ月目以降の契約は別途ソフトバンクから案内がされます。
Pepper(ペッパー) 保険パックに関しては37ヶ月目以降の故障対応は都度見積もりとなっております。

 

分割払いと一括払いのそれぞれの支払い方法の料金をまとめるとこちらになります。

<本体のみ一括払い、基本プランと保証サービスは36ヶ月分割払い>
Pepper(一般販売モデル) 分割払い
※36ヶ月未満での途中解約時にも36ヶ月分の支払いが必要です。

 

<すべて一括払い>
Pepper(一般販売モデル) 分割払い

 

どちらの場合でも合計金額は同じで約108万円です。
尚、Pepper(ペッパー)の一般モデルは主にご家庭での利用を想定して販売されていますが、個人名義だけでなく法人名義でも契約可能です。

 

Pepper(ペッパー) for Biz(法人向けモデル)の価格・料金

Pepper(ペッパー) for Bizでは契約方法をレンタルプランと買い取りプランの2つから選ぶことができます。

サービスの名称はそれぞれ、
・基本プラン:「Pepper(ペッパー) for Biz 基本プラン」
・保証サービス:「Pepper(ペッパー) for Biz あんしん保証パック」
です。
Pepper(ペッパー) for Biz 基本プランはレンタルでは加入必須、買い取りでは加入任意となっております。Pepper(ペッパー) for Biz あんしん保証パックは加入任意です。サービスの契約期間は36ヶ月です。
Pepper(ペッパー) for Biz 基本プラン、Pepper(ペッパー) for Biz あんしん保証パックの37ヶ月目以降の契約は別途ソフトバンクから案内がされます。

 

レンタルと買い取りの料金をまとめるとこちらになります。

<レンタルプラン>

・あんしん保証パックなし
Pepper for Biz料金(レンタル・あんしん保証パックなし)

・あんしん保証パックあり
Pepper for Biz料金(レンタル・あんしん保証パックあり)
※レンタル期間は36ヶ月間です。途中解約時にも36ヶ月分の支払いが必要です。

 

<買い取りプラン>

・あんしん保証パックなし
Pepper for Biz料金(買い取り・あんしん保証パックなし)

・あんしん保証パックあり
Pepper for Biz料金(買い取り・あんしん保証パックあり)

 

36ヶ月で比較するとレンタルの方が安くなっていますね。

 

【5/19追記】Pepper(ペッパー) Android対応版の価格・料金

Android対応の開発者向けモデルの支払いの方法は分割払いになっています。分割払いの期間は36ヶ月です。

サービスの名称はそれぞれ、
・基本プラン:「Pepper(ペッパー) 基本プラン」
・保証サービス:「Pepper(ペッパー) 保険パック」
です。
サービスの契約期間は36ヶ月です。

Android対応のPepper(ペッパー)の料金をまとめるとこちらになります。

<本体のみ一括払い、基本プランと保証サービスは36ヶ月分割払い>
Pepper (開発者モデル・Android対応)料金

 

まとめ:一般 108万円/Biz 225万円/Android 97万円

これまで説明した内容をまとめると、

・一般販売モデルのPepper(ペッパー)は分割払いと一括払いから選択可能
・法人向けモデルのPepper(ペッパー)はレンタルと買い取りから選択可能
・開発者向けモデルのPepper(ペッパー)の「Android対応版」は分割払いのみ
・いずれのモデルでも支払い方法や契約方法に関わらずサービスの契約期間は36ヶ月間
・一般販売モデルのPepper(ペッパー)は約108万円、法人向けモデルのPepper(ペッパー)は約225万円、開発者向けAndroid対応のPepperモデルのPepper(ペッパー)は約97万円

一般販売モデル、法人向けモデル、開発者向けAndroid対応モデルのそれぞれの契約方法・支払い方法での金額をまとめるとこちらになります。

モデル 契約方法・支払い方法 合計金額
Pepper(ペッパー)
一般販売モデル
買い取り・分割払い 108万円
買い取り・一括払い 108万円
Pepper(ペッパー) for Biz
法人向けモデル
レンタル・月額払い 198万円 (あんしん保証パックなし)
233万円 
(あんしん保証パックあり)
買い取り・一括払い 225万円 (あんしん保証パックなし)
260万円
 (あんしん保証パックあり)
Pepper(ペッパー)
開発者向けモデル
(Android対応)
買い取り・分割払い 97万円

Android対応版のPepper(ペッパー)が97万円と一番安いことが分かりますね。

一般販売モデルや法人向けモデルのPepper(ペッパー)は現在のところAndroid対応はしていませんので、今となっては割高に感じられなくもないです。しかし、法人で大事なあんしん保証パックや電話サポート、代替機の手配などはAndroid対応版にはないと考えられ、非常に悩ましい状況となっています。 この辺りの戦略は業種・会社様によって大分違い、既に複数の導入企業様から相談を受けていますが、三者三様といったところです。 生活革命では「今のPepper(ペッパー)を有効活用しつつ、新たなPepper(ペッパー)をどう扱っていくか?」 や、「新しいPepper(ペッパー)がほしいのだけど、いつどういった形で導入するべきか?」「とりあえずはPepper(ペッパー)のレンタルで凌ぐべきか。。。」と言った企業様毎のコンサルテーションも行っていますので、活用いただければと思います。

尚、次回は一般販売モデルと法人向けモデルの機能・サービスの比較を紹介します。

 

本記事ではソフトバンクからPepperを購入・レンタルする方法をご紹介しましたが、生活革命では1日からのPepperイベント・レンタルサービスもご用意しています。イベント経験は数多くありますので、Pepperイベントコンサル・Pepperイベント運営等、外部に委託したいという場合は是非ご相談ください。

活用事例・実績多数!Pepper活用事例のご紹介
Pepper活用事例・実績

1日からのイベント・レンタルもOK!レンタルサービスのお問い合わせ受付中!
メールでお問い合わせはこちら

「いいね!」を押してPepperの活用事例や解説記事の最新情報を入手
facebook

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

[5/19 Android Model Additional Notes] What Differs Between Pepper Models? [Value/Cost Analysis]

This post is also available in: 日本語 (Japanese)

Renewed on May 19, 2015
As additional details regarding Pepper’s Android functionality have been released by SoftBank, we have added the price and fees for the Android version.

Related Article: 3 Reasons for Concern about Buying Pepper. Android News: New Model Presentation!
13234878_1064921743589381_487667389_o

This is our second part, following our previous commentary on the Pepper corporate model.

Previous Article:
You’ll Understand in 3 Minutes: Simple Explanation of Pepper for Biz  

Recently, the chances of seeing Pepper on the street have really increased. At our company, we specialize in corporate industry-use Pepper application development and installation support. We have seen an increase in questions from companies that are considering introducing Pepper, along the lines of “What can Pepper do, anyway?” and “Which plan is the best to use?”.

You may have seen it on SoftBank’s homepage before, but you probably wonder about not only the features and plans, but also what your company would use it for, how much it costs, and other information.

Seikatsu Kakumei has recently been renting Pepper out for many events, so we are often thought of as a Pepper rental company. Actually, however, we are a SoftBank authorized sales agency. Seikatsu Kakumei has recently been renting Pepper out for many events, so we are often thought of as a Pepper rental company. Actually, however, we are a SoftBank authorized sales agency. From the perspective of our company, which has significant experience with and knowledge of Pepper, we are going to provide easy-to-understand examples for those who want to know about Pepper in more detail. We hope that it will prove helpful for those who are considering purchasing Pepper.

In this article, in addition to Pepper (basic model) and Pepper for Biz (corporate model), we have compared the value and cost of the Android version of Pepper which was announced on May 19, 2016 (development model). Actually, the various models differ in payment method (one-time vs. installment plan) and contract method (purchase vs. rental), so monthly payments and total amounts will vary. Just from the homepage information, isn’t the finalized cost after installment a bit concerning? Furthermore, some readers may be concerned about why charges are incurred in addition to the robot body. In this article, we have compiled the necessary costs of Pepper installation. If you just read this article, you’ll be fine in understanding the complicated plan charges and installation methods.

*This article’s contents are based on information from May 19, 2016. It was created using information described on SoftBank’s homepage and Terms of Use.

 

[toc]

 

What Fees are Involved in Installing Pepper?

Three basic costs are incurred when making an agreement with SoftBank to use Pepper. In addition to buying the robot body, the basic service plan for use and insurance plan are necessary.

<Pepper Body>
Whether buying or renting, it is necessary to pay for the Pepper body. In addition to the Pepper robot itself, the charger and other accessories required for use are included.

<Basic Plan>
This basic plan is necessary to use Pepper efficiently. With the basic plan, you can enjoy conversations with the robot and use applications to make it perform work. The details of the basic plan differ between the basic and corporate models. (Detailed information can be found in tomorrow’s article release comparing the features and services of the basic and corporate models.)

<Insurance Service>
Since Pepper is a precision machine made with many parts, there is a possibility that the costs of repair may increase. To offer peace of mind in the event of a failure, services are offered at a fixed monthly fee which discount or exempt repair costs incurred at the time of failure. Under the standard warranty, just entering the standard warranty service covers breakdowns even outside of the range, so it is like insurance. The details of the warranty service differ between the basic and corporate models. (Detailed information can be found in tomorrow’s article release comparing the features and services of the basic and corporate models.)

 

Pepper(Basic Retail Model)Value, Cost

For the basic retail model, there is a choice between a one-time payment and an installment plan. The installment plan lasts for 36 months.

There are various service names,
・Basic plan: “Pepper Basic Plan”
・Warranty service: “Pepper Insurance Pack”

The basic retail model requires the basic plan and insurance pack, with a 36-month agreement.
For the Pepper Basic Plan, SoftBank will inform the user about additional agreements before the 37th month.
For the Pepper Insurance Pack, after 37 months any failures will be estimated on an individual basis.

Here is how the one-time and installment payment plans work.

<Robot body paid upfront, with installment plans for the basic plan and insurance service>
Pepper(一般販売モデル) 分割払い

※36ヶ月未満での途中解約時にも36ヶ月分の支払いが必要です。

 

<Everything paid upfront>
Pepper(一般販売モデル) 分割払い

 

In either case, the total cost is the same, at approximately 1,080,000 JPY.

Furthermore, the basic model is sold under the primary assumption that it will be used for household purposes, but it can be contracted under either a personal or company name.

 

Pepper for Biz(Corporate Model)Value, Cost

With Pepper for Biz, there are two choices for installation: rental and purchase.

The service names are:
・Basic plan: “Pepper for Biz Basic Plan”
・Warranty service: “Pepper for Biz Security Insurance Pack”

The Pepper for Biz Basic Plan is required for rentals and optional for purchasers. The Pepper for Biz Security Insurance Pack is required, with a 36-month agreement.
SoftBank will inform users of the Pepper for Biz Basic Plan and of the Pepper for Biz Security Insurance Plan about agreement renewals before the 37th month.

Here is a breakdown of the costs of renting and purchasing.

<Rental plan>

・Without Security Insurance Plan
Pepper for Biz料金(レンタル・あんしん保証パックなし)

・With Security Insurance Plan
Pepper for Biz料金(レンタル・あんしん保証パックあり)
*The rental period lasts 36 months. Even in the case of early cancellation, the user must pay for the full 36 months.

 

<Purchase plan>

・Without Security Insurance Plan
Pepper for Biz料金(買い取り・あんしん保証パックなし)

・With Security Insurance Plan
Pepper for Biz料金(買い取り・あんしん保証パックあり)

 

At 36 months, the rental is comparatively cheaper.

 

【5/19 Additional Notes】Pepper(Android Compatible Version)Value, Cost

The Android-compatible development model is paid for by installment plan, with a payment period of 36 months.

The service names are as follows:
・Basic plan: “Pepper Basic Plan”
・Warranty service: “Pepper Insurance Pack”

The service agreement period is 36 months.

Here is an overview of costs for the Android-compatible model.

<Robot body only paid upfront, with basic plan and warranty service paid over an installment period of 36 months >
Pepper (開発者モデル・Android対応)料金

 

In Short: Basic 1,080,000 JPY/Biz 2,250,000 JPY/Android 970,000 JPY

Here is a summary of the information we have explained:

・The basic retail model can be paid upfront or in installment plans
・The corporate model is available for rental or purchase
・The development model (Android compatible) can only be paid in installments
・Regardless of model and installation method, the service agreement period is 36 months
・The basic retail model runs about 1,080,000 yen, the corporate model runs about 2,250,000 yen, and the developers’ Android model runs about 970,000 yen

一般販売モデル、法人向けモデル、開発者向けAndroid対応モデルのそれぞれの契約方法・支払い方法での金額をまとめるとこちらになります。

Model Installation method, payment method Total cost
Pepper
Basic retail model
Purchase, installment pay plan 1,080,000 Yen
Purchase, upfront payment 1,080,000 Yen
Pepper for Biz
Corporate model
Rental: monthly payment 1,980,000 Yen (Without Security Insurance Pack)
2,330,000 Yen 
(With Security Insurance Pack)
Purchase, upfront payment 2,250,000 Yen (Without Security Insurance Pack)
2,600,000 Yen 
(With Security Insurance Pack)
Pepper
Development model
(Android compatible)
Purchase, installment pay plan 970,000 Yen

As you can see, the Android development model is the cheapest at 970,000 yen.

The basic retail and corporate models cannot currently be used with Android, so they don’t feel inexpensive right now.

However, considering that the corporate model’s important Security Insurance Pack and telephone support, arrangement for alternative machines, etc. are not available with the Android version, it could lead to exceptionally troubling circumstances. This strategy may vary greatly between industries and companies; multiple companies have already undergone consultations, but it is a highly individual decision. At Seikatsu Kakumei, we’ve had many inquiries from businesses such as, “We’re using the current Pepper with no problems. How should we deal with the new Pepper?” and “We want the new Pepper, but how and when should we introduce it?”, but we think it can be used.

Next time, we will compare and explain the features and services of the basic retail and corporate models.

 

In this article, we introduced how to purchase or rent Pepper from SoftBank, but we at Seikatsu Kakumei offer Pepper event rental services starting from one day in length! We have an abundance of event experience, so for Pepper event consulting or Pepper event operation, so please be sure to consult with us if you are looking for an outside contractor.

Numerous case examples and achievements! Introduction of our Pepper usages:
Pepper活用事例・実績

Event rentals starting from one day OK! Accepting rental service inquiries!
E-mail us your inquiries!

「いいね!」を押してPepperの活用事例や解説記事の最新情報を入手
facebook

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © (株)生活革命 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.