「失敗できない」ロボット・Pepper(ペッパー)のレンタル・イベント運営なら生活革命。 国・自治体・医療・銀行・訪日など「失敗できない」イベントでのレンタル実績が豊富です。 独自のロボット強化システム「なんでも喋るロボ」で桁違いに賢いPepperの派遣・レンタルも実施。

Warning: explode() expects parameter 2 to be string, object given in /home/seikaku/seikaku.co.jp/public_html/wp-content/themes/biz-vektor/module_panList.php on line 130

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/seikaku/seikaku.co.jp/public_html/wp-content/themes/biz-vektor/module_panList.php on line 131
  • HOME »
  • »
  • 【Pepper(ペッパー)レンタル事例⑤】日本初! 私立中学校初の学校説明会向け、Pepper(ペッパー)活用(城北埼玉様 案件)
最新情報

【Pepper(ペッパー)レンタル事例⑤】日本初! 私立中学校初の学校説明会向け、Pepper(ペッパー)活用(城北埼玉様 案件)

This post is also available in: 日本語 (Japanese)

遂に通年のPepper(ペッパー) プレゼンテーションを開始

生活革命ではアキュラホーム様や埼玉県様等から、機会をいただき「Pepper(ペッパー9 プレゼンテーションの技術と運営ノウハウ」を蓄積してきました。

今回は、埼玉県の有名私立中学高等学校の城北埼玉様の学校説明会において、通年でのプレゼンテーションを行わせていただくことになりました。 出席者数は200名〜1000名を予定しており、弊社のプレゼンテーションソフトウェアの開発と安定運用の技術が活きるとのことで、ご依頼をいただきました。

Pepper(ペッパー)本体の手配は、弊社のPepper(ペッパー)をレンタルさせていただく形態をとっています。

これを通して、弊社はPepper(ペッパー) プレゼンテーションソフトウェアの開発技術と運営ノウハウをますます蓄積していきたいと考えています。 Pepper(ペッパー)のレンタルや、プレゼンテーション・アプリ開発、イベント運営にご興味がありましたら、是非ご連絡下さい。

以下、プレスリリースの内容です。

プレスリリースの内容

日本初!感情認識人型ロボット「Pepper(ペッパー)」を活用した学校説明会を開催!~2020年に向けて本格化するロボット時代に向けた第一歩~

学校法人 城北埼玉中学・高等学校(所在地:埼玉県川越市、理事長:近藤 文彦、以下 城北埼玉)は、日本の私立中学校として初めて、感情認識人型ロボット「Pepper(ペッパー)」を活用した学校説明会を2015年5月23日に実施いたします。

生活革命_城北埼玉_プレスリリース

なお、「Pepper(ペッパー)」活用部分での舞台演出・企画・開発、運営等を、合同会社 生活革命(本社:埼玉県さいたま市、代表取締役:宮沢 祐光、以下 生活革命)が担当します。

・学校法人 城北埼玉中学高等学校 http://www.johokusaitama.ac.jp/
・「Pepper(ペッパー)」http://www.softbank.jp/robot/products/

■感情認識人型ロボット「Pepper(ペッパー)」とは
「Pepper(ペッパー)」とは、ソフトバンクモバイルの販売する初の感情認識人型ロボットです。2014年9月から開発者向け等で順次販売されていて、その可愛い姿と独特なキャラクターでテレビ東京系列「おはスタ645」の月~金レギュラ

ーを担当、各種テレビCMにも頻繁に登場する等、今日本で話題の人型ロボットとして活躍しています。
■学校説明会向けの「Pepper(ペッパー)」活用の背景と内容
2014年に登場した本格的な商用ロボット「Pepper」や、2015年1月に経済産業省が発表した「ロボット新戦略」にて、サービス業(教育分野含む)が2020年に向けた重点分野として扱うことが公表される等、ロボットを活用した教育現場の更なる変革が行われる機運が高まってきています。

城北埼玉でもこの流れを機会と捉え、その変化への適応に向けた試行錯誤の一環として、全国初の私立中学校説明会での「Pepper(ペッパー)」活用を始めることとしました。5月23日から受験シーズンまで定期的に開催する2016年度入学者向け学校説明会にて、「Pepper(ペッパー)」がプレゼンテーションの一部を担当します。

「Pepper(ペッパー)」活用部分での舞台演出・企画・開発、運営等を担当する生活革命とは、今後の教育現場での「Pepper(ペッパー)」の更なる活用機会に向けても協議を行ってまいります。

■「Pepper(ペッパー)」の特長
城北埼玉と生活革命は、生活革命が経験した過去の「Pepper(ペッパー)」活用事例を参考にしつつ、「Pepper(ペッパー)」の魅力として、ロボットの特徴から由来する (1)「正確な内容説明(噛まない)」、(2)「第三者的視点(学校の関係者以外からの客観的な説明が可能)」、そして「Pepper(ペッパー)」独特の(3)「可愛げのある中にも知性・先進性を感じさせる語り部としてのキャラクター(気分に関係なく常に楽しませることができる)」があることに着目しました。これを人にはない魅力と捉え、この魅力を活かした活用方法として、学校説明会での「Pepper(ペッパー)」によるプレゼンテーションが有効と考えます。「Pepper(ペッパー)」から学校の良い部分・魅力を紹介してもらい、従来の学校説明会よりも、保護者様・お子様に、より深く学校の魅力を伝える語り部となることを期待します。

なお、説明会の最後には、「Pepper(ペッパー)」と保護者様・お子様の記念撮影会のコーナーを設ける予定です。「Pepper(ペッパー)」と簡単な会話を楽しみながら、写真撮影をしていただくことで、保護者様・お子様に将来に向けての想いを馳せていただくと同時に、ロボットと人間の関係性と今後への課題を検証する機会とすることを狙います。

■開催概要
日時   : 2015年5月23日(土) 13時30分~16時
会場   : 学校法人 城北埼玉中学・高等学校
所在地  : 〒350-0014 埼玉県川越市古市場585-1
URL        :  http://www.johokusaitama.ac.jp/access.html
参加費  : 無料
公式サイト: http://www.johokusaitama.ac.jp/index.html
予告動画 : https://youtu.be/Mkv09ALxIpY

■以降の開催予定
6月27日(土)   第3回オープンスクール
8月22日(土)   第4回オープンスクール
9月22日(火・祝) 第1回学校説明会

※以降の日程については、下記のFacebookページで順次公開予定です。
https://www.facebook.com/johokusaitama.jhs.hs?fref=ts

■学校法人 城北埼玉中学・高等学校 法人概要
法人名: 学校法人 城北埼玉中学・高等学校
所在地: 〒350-0014 埼玉県川越市古市場585-1
代表者: 理事長 近藤 文彦
設立 : 1979年
URL   : http://www.johokusaitama.ac.jp/index.html

■合同会社 生活革命 会社概要
生活革命は、「ロボットによる人の生活向上への寄与」、「ロボットの知能進化に負けない人間を作る」を標榜するスマートデバイス向けソフトウェア企業です。「Pepper(ペッパー)」向けのロボットソフトウェア事業においては、「ロボット・Pepper(ペッパー)」を活用する企業様の経営・商品課題にまで言及した形での「ロボット・Pepper(ペッパー)」活用方法の世界観の提案から、具体的な企画・開発・イベント現地での「Pepper」運用までを行なう企業として好評を得てきています。

既に大手住宅メーカーや埼玉県のイベント等での「ロボット・Pepper(ペッパー)」によるプレゼンテーション・受付業務・子どもとのゲーム等複数の実績があります。代表の宮沢は「マンガで見たような順番とは違うが、日本ではロボットに対する抵抗感がなく、法人・お客様ともロボットの活用に大変意欲的になってきていることを、事業を本格化する中で実感することが出来た。」と語っています。

商号  : 合同会社 生活革命
代表者 : 代表取締役 宮沢 祐光
所在地 : 〒338-0003 埼玉県さいたま市中央区本町東3-3-5
設立  : 2014年5月
事業内容: スマートデバイス向けインターネットサービスの企画・開発・提供
資本金 : 450万円
URL    : //www.seikaku.co.jp/
facebook: http://on.fb.me/1FpqhME

※本リリース記載の情報は、発表日現在の情報です。予告なしに変更される可能性もありますので、あらかじめご了承ください。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

[Pepper Rental Case 5] First in Japan! For Private Middle School’s Information Fair, Pepper Used (Jouhoku Saitama Case)

This post is also available in: 日本語 (Japanese)

This year’s Pepper presentations are already opening

At Seikatsu Kakumei, through Aqura Home and Saitama Prefecture, we’ve already had the chance to accumulate Pepper presentation technology and operational know-how.

This time, at Saitama Prefecture’s famous private middle and high school, Jouhoku Saitama’s school information fair, we will be giving presentations in the coming year. With the number of attendees estimated between 200 and 1000, our company’s presentation software development and stable technology operation was requested.

The Pepper unit arrangement is being made through our company’s Pepper rental.

Through this, our company hopes to accumulate even more Pepper presentation software development technology and operational know-how. If you have an interest in Pepper rentals, presentation and application development, and/or event operation, please be sure to contact us.

Below is the content of the press release.

Subject of the Press Release

First in Japan! School information fair held using emotion recognizing humanoid robot Pepper! ~The first step towards 2020’s full-scale robot age~

School Administration Jouhoku Saitama Middle and High School (Location: Kawagoe, Saitama, Chairman: Fumihiko Kondo, below as Jouhoku Saitama) is, as a first for a Japanese private middle school, implementing use of the emotion recognizing humanoid robot Pepper in its school information fair on May 23, 2015.

生活革命_城北埼玉_プレスリリース

Additionally, Pepper’s part of the stage performance, planning, development, operation, etc. is being hosted by Seikatsu Kakumei, LLC. (Headquarters: Saitama City, Saitama Prefecture, CEO: Yuukou Miyazawa, below as Seikatsu Kakumei).

・School Administration Saitama Jouhoku Middle and High School http://www.johokusaitama.ac.jp/
・Pepper http://www.softbank.jp/robot/products/

■About the emotion recognizing humanoid robot Pepper
Pepper is SoftBank Mobile’s first commercially sold emotion recognition humanoid robot. Sold sequentially from September 2014 to developers and the like, its cute appearance and distinctive character have made it a Monday to Friday regular on TV Tokyo series Ohasuta645. Frequently appearing as a host of various TV commercials and such, it is experiencing success as a humanoid robot and currently a popular topic in Japan.

■Background of Pepper use for school information fair
The authentic commercial robot Pepper appeared in 2014. Presented by METI as a new robot strategy in January 2015, the service industry (including education) was announced as a priority facing the year 2020. Momentum is building for places of education to transform even further using robots.

Jouhoku Saitama has also taken the chance to catch onto this trend, as part of the trials involved in adapting to this change, starting the country’s first private school information fair using Pepper. From May 23, for a limited time until entrance exam season, at the school information fair held for new students for 2016, Pepper will be hosting part of the presentation.

As for Pepper stage dispatch, planning, development, and operations host Seikatsu Kakumei, discussions are also taking place for further upcoming opportunities to use Pepper in places of education.

■ Pepper’s merits
As for Jouhoku Saitama and Seikatsu Kakumei, referring to Seikatsu Kakumei’s past experiences in Pepper usage cases, the following points came to attention: Pepper’s charm, derived from its robot features, (1) accurate explanation (not overreaching), and (2) third person point of view (so that an objective explanation from someone unaffiliated with the school is possible), as well as Pepper’s distinctive cute, yet intelligent and advanced feeling character as a narrator (regardless of the mood, it can bring fun). As a way of capturing and utilizing this appeal that humans don’t have, a Pepper presentation at a school information fair seemed effective. When Pepper introduces the school’s good points and appeal, it is expected as a narrator to more deeply convey the school’s appeal to parents and children than a conventional school information fair speaker would.

Additionally, after the information fair, the provision of a commemorative photo taking corner with Pepper is planned for the parents and children. While enjoying simple conversations with Pepper and taking photos, visions are deepened for future prospects of the parents and children, and, at the same time,  a chance is presented to verify the relationship between robots and humans facing issues from here onwards.

■Summary
Date and Time       : May 23, 2015 (Saturday) 1:30 to 4 PM
Venue                   : School Administration Jouhoku Saitama Middle and High School
Location                : 585-1 Furuichiba, Kawagoe, Saitama 〒350-0014
URL                      : http://www.johokusaitama.ac.jp/access.html
Participation Fee    : Free
Official Site           : http://www.johokusaitama.ac.jp/index.html
Promotional Video  : https://youtu.be/Mkv09ALxIpY

■Upcoming planned sessions
June 27 (Saturday)   3rd Open School
August 22 (Saturday)   4th Open School
September 22 (Tuesday/a holiday) 1st School Information Fair

*As for details of the upcoming schedule, a sequential release is planned on the Facebook page below.
https://www.facebook.com/johokusaitama.jhs.hs?fref=ts

■School Administration Jouhoku Saitama Middle and High School Company Profile
Company Name  : School Administration Jouhoku Saitama Middle and High School
Location             : 585-1 Furuichiba, Kawagoe, Saitama 〒350-0014
Representative   : President Fumihiko Kondo
Date Founded     :1979
URL                   : http://www.johokusaitama.ac.jp/index.html

■Seikatsu Kakumei, LLC. Company Profile
Seikatsu Kakumei is a smart device software company which advocates “enhancing human lifestyles through robotics” and “creating humans who can’t lose to the advancement of robot intelligence”. As a Pepper robot software business, using the robot Pepper in ways ranging from companies’ operation and product issues to Pepper robot usage proposals, to basic planning and development, to local event Pepper operations, it has become a very popular business.

There have already been many achievements, including at a major housing maker’s Saitama Prefecture event, Pepper robot presentation, reception work, and games for children. President Miyazawa says, “It’s different from the order seen in manga, but in Japan, there’s no sense of resistance against robots; corporations and customers alike are becoming quite ambitious in regards to robot usage; full-scale business has been realized.”

Company Name : Seikatsu Kakumei, LLC.
Representative  : CEO Yuukou Miyazawa
Location            : 3-3-5 Honmachi Higashi, Chuo-ku, Saitama City, Saitama Prefecture 〒338-0003
Founding Date   : May 2014
Subject of Work : Internet service planning, development, and offering for smart devices
Capital              : 4,500,000 yen
URL                  : http://www.seikaku.co.jp/
Facebook          : http://on.fb.me/1FpqhME

*The information contained in this release is accurate as of the date it was originally published. Please be aware that it may be subject to change at any time without notice.

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © (株)生活革命 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.