This post is also available in: English (英語)

Pepper(ペッパーくん)の一般発売報道を受け、ブルームバーグ様より弊社代表の宮沢が取材いただきました。

Pepper(ペッパー)向けアプリの開発を行う「生活革命」(さいたま市)の宮沢祐光代表は「販売数が明らかになったことは前進」と話した。またアプリの開発者が支払わなくてはならない手数料を知りたいとした上で、Pepper(ペッパー)の用途を広げるため「どのように市場を作っていくかがポイントだ」と述べた。

ソフトバンク:ロボット「Pepper(ペッパー)」を20日に一般発売、まず1000台 (2)  Bloomberg
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NQ2PX46S972B01.html

追加で1000台/月程度の販売が行われることで、ロボット事業を行っている企業としては、個人向けにもアプリを販売できる機会が広がります。

こうした追い風を受けながらも、個人のお客様のお声を聞いたり、法人様と一緒にサービスを考えることで、より便利で楽しい用途が生まれるという考えです。

これからPepper(ペッパー)を手に入れる方にも、引き続き活用方法相談やイベント運営代行など鋭意行ってまいります!まずはお試しで使われたい方にはレンタルサービスもあります。