「失敗できない」ロボット・Pepper(ペッパー)のレンタル・イベント運営なら生活革命。 国・自治体・医療・銀行・訪日など「失敗できない」イベントでのレンタル実績が豊富です。 独自のロボット強化システム「なんでも喋るロボ」で桁違いに賢いPepperの派遣・レンタルも実施。
最新情報

【日経新聞様】アキュラホーム様のインターンシップでPepper(ペッパー)を採用頂きました!

This post is also available in: English (英語)

8月3日付けの日経新聞にて、アキュラホーム様と弊社 生活革命で取り組んでいる「住宅展示場でのモデルハウスへのPepper(ペッパー)採用」について記事にしていただきました! 詳細は後日発表する予定です。

生活革命_日経新聞_アキュラインターン

 

弊社 生活革命の役割
弊社は、この取組みの中で、「ロボットの利活用に関するアドバイザー」「Pepper(ペッパー)ソフトウェアの企画・開発」「Pepper(ペッパー)のモデルハウスでの設置・メンテナンス」を担当しています。

仕事の進め方
最初にアキュラホーム様の経営課題・業務課題をヒアリングし、どのような形でPepper(ペッパーくん)を活用するかの議論をさせていただきました。 最終的に(アキュラホーム様にとっては)モデルハウスでのPepper(ペッパー)採用を行なうことが最適であるという結論にいたり、今回の取り組みを行う運びとなりました。 アキュラホーム様では、雇用の多様性を尊重し、女性・高齢者・外国人の採用を積極的に行ってきています。 その中で第四の柱として期待するのがロボットということで、弊社では非常に意義のある取り組みと考えています。

モデルハウス採用での初の取り組み
また、これまでの住宅展示場への設置と異なる新しい点は、「数日の採用ではなく数ヶ月以上の採用であること」と、「住宅展示場にPepperを置いて人を集めるだけでなく、住宅展示場の業務の一部をPepper(ペッパーくん)が代行していく」ことです。

つまり、モデルハウス業務の中での”雇用”という位置づけでロボットを活用していくという非常に野心的な取り組みとなりました。

手始めに、埼玉県の住宅展示場に一人採用の予定ですので、お近くにお立ち寄りの際は是非足をお運びいただければと思います。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

[Nikkei Shimbun] Pepper Adopts an Aqura Home Internship!

This post is also available in: English (英語)

In the August 3 issue of Nikkei News, an article has run about Aqura Home and our company Seikatsu Kakumei’s collaboration “Pepper’s Adoption in Housing Exhibition Model Homes”! Details are planned for later exhibition.

生活革命_日経新聞_アキュラインターン

 

Our Company Seikatsu Kakumei’s Role
In these efforts, our company’s responsibilities include robot usage advising, Pepper software planning and development, and Pepper’s installation and maintenance in model housing.

Project Continuation
From the start, we listened to Aqura Home’s management concerns and business tasks, and discussed forms of Pepper use. Ultimately (from the standpoint of Aqura Home), use of Pepper in model homes is the optimal conclusion in carrying these efforts. At Aqura Home, diversity is respected in employment, with women, the elderly, and foreign people being accepted progressively. Robots are expected to become the fourth pillar of that, with our company making significant efforts.

First Model Housing Adoption Efforts
New points that differ from previous housing exhibition installations up until now include, “adoption not just for several days, but for several months or more” and, “placing Pepper in a housing exhibition doesn’t only attract customers, Pepper has become a part of the housing exhibition business”.

In short, the positioning of robot “employment” in the model house business has led to very ambitious efforts.

For the first time, there is one planned adoption in a Saitama Prefecture housing exhibition, so if you are in the area, wouldn’t it be nice to stop by?

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © (株)生活革命 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.