「失敗できない」ロボット・Pepper(ペッパー)のレンタル・イベント運営なら生活革命。 国・自治体・医療・銀行・訪日など「失敗できない」イベントでのレンタル実績が豊富です。 独自のロボット強化システム「なんでも喋るロボ」で桁違いに賢いPepperの派遣・レンタルも実施。
最新情報

【メディア様取材】Pepper(ペッパー)の取り組みを埼玉テレビ様にて特集いただきました

This post is also available in: English (英語)

地域局として高い視聴率を誇る埼玉テレビ様(テレ玉)にて、城北埼玉様と弊社のロボット・Pepper(ペッパーくん)に関する取り組みの特集をしていただきました。

スクリーンショット 2015-07-06 11.13.43

埼玉テレビで月曜~金曜日の夜21:30~22:00で放映している「NEWS930」での4分特集です。

生活革命_城北埼玉_テレ玉01

埼玉県・全国で初の実施となったPepper(ペッパーくん)による学校説明会の話から始まりました。

生活革命_城北埼玉_テレ玉02

ただ単純に学校にPepper(ペッパーくん)を呼んで話させるわけではなく、学校の伝えるべきメッセージを練り上げて、単なる客寄せではない本質的な会社・企業メッセージを伝えて、お子様・保護者様・お客様との信頼関係を作っていることを重視していることを伝えていただきました。

番組中では、複数のお客様の声も流れ、お子様・保護者さまの双方にメッセージが伝わっていることがわかり、メッセージを城北埼玉様と弊社でしっかり練り上げることの重要性を再確認することが出来ました。

生活革命_城北埼玉_テレ玉03

学校や企業様の視点に立った時、Pepper(ペッパーくん)をプレゼンテーションに活用することのメリットについても取り上げていただきました。

1つは「未来想起型」があります。 学校や企業様がお客様に説明をするとき、学校・企業そのものや、扱う商品が如何に良いものなのかを説明する必要があります。 そんな時、Pepper(ペッパーくん)のような明るいキャラクター・未来を想起させる未来型ロボットは、お客様にその学校・企業、あるいは商品と付き合うと明るい未来が待っているんだな、と感じてもらうための良い広告塔になってくれます。

2つ目は「客観性」です。 会社・企業の担当者が、その企業・学校・商品を深く説明すればするほど、ある種の説明くささ・売り込みくささが生まれることがあります。 特に客観的な情報の説明ではなく、感情的に訴える場面になるとお客様に納得いただけるように説明するのは、その担当者が本当に良いと思っていて本心から言っているにもかかわらず、上手く伝わらない場合がよくあります。

そこで、会社・企業に属していないPepper(ペッパーくん)が説明すると客観性が生まれて、お客様もある種の疑念や先入観を持つことなく、素直に話を聞いて良し悪しを判断してくれるようになります。 これは会社・企業にとっても、お客さまにとっても非常に建設的な効果といえます。

(もちろん、筋の通ったシナリオ作りは大前提ですので、弊社にて慎重にコンサルテーションやストーリー製作をしています。)

最後に弊社代表からも今後の取組みやロボットと共生する未来について、取り上げてもらいました。

2020年の少子高齢化等の社会課題の解決や、より低コストでありながら社会サービスの品質を改善するための強力な解としてロボットがあることを説明させていただきました。

以上が取材いただいた内容ですが、ロボットとロボットによりもたらされる社会変化に対して、世の中の興味が増してきていることを強く実感してきています。

弊社も「学校・企業様のビジネス課題に向き合ったロボットプレゼンテーション」に今後も力を入れていくとともに、社会課題の解決にも取り組んでいきたいと改めて強く感じた次第です。

プレゼンテーション、その他ロボットでの問題解決にご興味がありましたら、ご相談ください。

//www.seikaku.co.jp/contact

生活革命_城北埼玉_テレ玉04

最後に広報中に撮った良い写真を一枚。

城北埼玉の鈴木先生と弊社代表 宮沢の2ショットです。

(中と外からプロジェクトを推進した立役者です。(半分手前味噌です。))

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

[Media Coverage] Pepper Efforts Featured on Saitama TV

This post is also available in: English (英語)

On Saitama TV (Teletama), which boasts high local viewer ratings, coverage about Jouhoku Saitama and our company’s robot Pepper was featured.

Screenshot 2015-07-06 11.13.43

This feature ran for 4 minutes as part of Saitama TV’s Monday to Friday night from 9:30 to 10 PM broadcast NEWS 930.

生活革命_城北埼玉_テレ玉01

The conversation started off with our first in both Saitama Prefecture and across the country school information fair using Pepper.

生活革命_城北埼玉_テレ玉02

Not simply a case of calling Pepper to the school and having it speak, refining the message the school should convey; we conveyed the importance of beyond simple customer visitation, conveying the essential company or business message, and building a trusting relationship with children, their guardians, and other customers.

During the program, the voices of many customers poured in, with children and their guardians alike understanding the message conveyed; the importance of the message being strictly disciplined by Jouhou Saitama and our company could be confirmed once again.

生活革命_城北埼玉_テレ玉03

The merits of using Pepper for presentations for schools and businesses were also covered.

One is that it brings thoughts of the future. When schools and businesses give explanations to customers, schools, businesses, etc., what exactly is good about the product in question must be explained. At such a time, with a cheerful character like Pepper, a futuristic robot who brings to mind the future, it becomes a good advertisement, giving the customer the feeling that they may also have a bright future by connecting with that school or business or product.

Another is objectivity. With company and business hosts, as they deeply explain the business, school, or product, there is a certain form of sales pitch-ness that is born. Particularly, rather than an explanation using objective information, in attempting an emotional appeal and explaining in an attempt to convince customers, there have been many cases in which things have not been conveyed well regardless of whether or not that host really thinks from their heart that what they are selling is good.

With that, unlike that which belongs in a company or business, Pepper explains and objectivity is born. Customers, without holding a certain type of doubt or prejudice, openly listen to its talk and judge whether it is good or bad. These are, from the point of view of companies and businesses and customers alike, exceptionally constructive results.

(Of course, since straightforward scenario creation is a major premise, at our company we also do careful consultation and story creation.)

In closing, from our president, our forthcoming efforts and the future of life with robots were covered.

The power of using robots for the sake of solving the societal problems stemming from 2020’s declining birthrate and aging population and, while lowering costs, improving the quality of societal services was explained.

In regards to the subject matter featured above, regarding robots and the further societal changes that will be brought by robots, an increase in interest worldwide is strongly being realized.

At our company, along with continuing to power robot presentations which have faced school and company business problems, we have a strong drive to continue working towards the solution of societal issues.

If you are interested in presentations or in solving other robot problems, please consult with us.

http://www.seikaku.co.jp/contact

生活革命_城北埼玉_テレ玉04

In closing, here is one good photograph that was taken during the PR.

A two-shot of Suzuki-sensei of Jouhoku Saitama and our company president Miyazawa.

(These players promoted the project from the middle to the end. (Not to be bragging!))

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © (株)生活革命 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.