This post is also available in: English (英語)

生活革命は株式会社RTC様(本社:栃木県河内郡上三川町)が開発した高齢者見守りシステムに対応するロボット・IoT機器向けのアプリを開発しました。2017年2月10日より特別養護老人ホームふじやまの里様(栃木県河内郡上三川町)での実証実験が開始されております。

本システムでは、生活革命がこれまで多数のソリューションを提供してきたPepper(ペッパー)に加え、新しいコミュニケーションロボットとして注目を集め始めているロボホン、Googleの最新OS Android Wear 2.0に対応したスマートウォッチが連携しております。複数の機器が連携することで、介護従事者及び入居者の方に最適な形でのコミュケーション手段を提供しております。

ロボホン・スマートウォッチ・Pepperが連携した見守りシステム

実証実験視察の様子

この高齢者見守りシステムでは、入居者の方がベッドから離れようとした時やお薬の時間になった時に、Pepper(ペッパー)・ロボホン・スマートウォッチが連携をしてお知らせしてくれます。

入居者の方のベッドに設置されたセンサーが状態を検知して、ベッドから離れようとした時にPepper(ペッパー)や介護従事者が身につけているスマートウォッチに入居者の方の名前や部屋番号の情報を表示します。また、お薬の時間が近づいたときにも、同様の情報を表示します。これにより、介護従事者が入居者の様子を逐一確認する必要がなくなり、迅速かつ確実に入居者の方に向けた対応を取ることができます。

また、入居者の方がベッドを離れようとしたときには、ロボホンが入居者の方に声がけをすることでベッドを離れることを抑制することができます。

本システムの導入により、介護現場での業務が軽減され、介護従事者の負担を軽減することが期待されます。

生活革命ではPepperでの豊富な実績や経験を元に複数のIoT機器を組み合わせることで、各企業様の課題やニーズに合わせた最適な形でのソリューションがご提供できます。お気軽にぜひご相談ください。

活用事例・実績多数!Pepper活用事例のご紹介
Pepper活用事例・実績

1日からのイベント・レンタルもOK!レンタルサービスのお問い合わせ受付中!
メールでお問い合わせはこちら

「いいね!」を押してPepperの活用事例や解説記事の最新情報を入手
facebook