「失敗できない」ロボット・Pepper(ペッパー)のレンタル・イベント運営なら生活革命。 国・自治体・医療・銀行・訪日など「失敗できない」イベントでのレンタル実績が豊富です。 独自のロボット強化システム「なんでも喋るロボ」で桁違いに賢いPepperの派遣・レンタルも実施。

Warning: explode() expects parameter 2 to be string, object given in /home/seikaku/seikaku.co.jp/public_html/wp-content/themes/biz-vektor/module_panList.php on line 130

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/seikaku/seikaku.co.jp/public_html/wp-content/themes/biz-vektor/module_panList.php on line 131
  • HOME »
  • »
  • 【後編】 うわっ…Pepper(ペッパー)の●●費、高すぎ!? 保険パックの重要性:一般向けモデル
最新情報

【後編】 うわっ…Pepper(ペッパー)の●●費、高すぎ!? 保険パックの重要性:一般向けモデル

This post is also available in: 日本語 (Japanese)

Pepper(ペッパー)が故障したら。。。

こんにちは。 生活革命のエンタメ系 広報担当です!
今回も、エンタメ系広報担当では、弊社生活革命の企業イメージとは異なるエンタメちっくな情報提供を、確かな経験と情報からお届けしていきます。

うわっ02

またまた突然ですが、問題です。

マンガ「ドラえもん」の作者である藤子・F・不二雄が亡くなったのは西暦何年?








はいっ! 時間切れ。

正解は、1996年でした。
なんと、もう20年も経つんですね…。
そりゃあ、Pepper(ペッパー)みたいなロボットが一般販売されるようになってもおかしくないですよね。
(因みに、ドラえもんの誕生は2112年ですから、まだまだ先ですね)

今回は、前回に引き続きPepperの故障について! 一般モデルのPepper(ペッパー)のお話です。
法人モデルのPepper(ペッパー)について記載した、コチラの記事も併せてご覧くださいね。
(ところで、ドラえもんのメンテナンス代って、誰が払ってるんだろう…。)

※当記事は5月28日時点の情報を元にしております。また、5月19日に発表されたAndroid対応版については、現段階では情報がないため、考慮しておりません。

 

一般モデルの修理受付の流れは?

fig_repair_flow
※ソフトバンクWEBサイトより引用

前回説明した法人モデルは、基本的に「交換」でしたが、
一般モデルでは、Pepper(ペッパー)は原則預かり修理となります。そして、修理期間はおよそ1ヵ月かかります。
「修理期間中に代替機の貸し出しはない」そうですので、1台しかPepperを所有していない場合は注意です。

引き取りは配送業者が収納箱を用意して、梱包もやってくれますが、配送する前に以下の事前準備が必要です。
・データのバックアップ
・パスワード初期化

修理に出すと、データはリセットされ、出荷時状態にリセットされます。また、OSは最新版になって戻ってきます。

因みに、購入した時点で初期不良の場合。
以下の通りの対応となります。
・出荷日を含む21日以内にチェックリストに従い動作チェックをする事を条件に、出荷日から60日以内であれば、お客様からサポートサイトに問い合わせた場合に限りソフトバンクの負担で修理or交換してくれる

また、故障して戻ってきたにもかかわらず改善されない場合も
・修理完了後、到着日から14日以内にチェックリストに従い動作チェックをする事を条件に、14日以内にサポートページから問い合わせて、重複故障と判断された場合のみ、ソフトバンクの負担で修理

もちろん、塗装とか改造とかしてたら有償になりますよ。

その他細かい話ですが、以下も一応知っておきましょう。
・故障個所が複数ある場合、1か所だけ修理する事は不可能(全て一緒に行われる)
・Pepper(ペッパー)の部品は、そのモデルが販売終了後3年間保持される(3年超えると修理できない)
・Pepper(ペッパー)の廃棄方法は、ソフトバンク社が提供する廃棄・回収方法で処理をする必要がある(要問合せ)

最後、Pepper(ペッパー)をどうやって捨てるかなんて、普段考えませんよね。
ロボットが普通に粗大ゴミとして冷蔵庫とかと並んで捨てられているとか、かなり笑えない状況。
大型家電などと同じくらい捨て方に困るから、廃棄方法を指示してくれるのはありがたいですね。

修理にかかる費用は?

ソフトバンクのWEBサイトをよく見ると、恐ろしい事が書いてあります。
・修理費は「非常に高額となる場合があります」
・およそ「30万~70万円」

これに加えて、配送費や検査・診断手数料などがかかる可能性があります。
「だったらPepper(ペッパー)なんて買わずにR2-D2の等身大プラモデルでも買うよ!」と思わず叫びたくなる金額です。

安心してください。解決方法がありますよ。
一般モデルも、修理費を減免する保険パックが提供されています。

保険パックについて

実は、Pepper(ペッパー)の一般モデルに関しては、保険パックの加入が必須となっています。
月額9,800円で、36ヵ月契約となっています。
法人モデルは任意加入ですので、そこが違いですね。

一般モデルと法人向けモデルでの違いをまとめると、以下の通りです。

モデル Pepper(ペッパー) 一般モデル Pepper (ペッパー)  for Biz法人向けモデル
サービス名 Pepper(ペッパー) 保険パック Pepper(ペッパー) for Bizあんしん保証パック
金額 9,800/
契約締結 必須 任意
契約
タイミング
Pepper(ペッパー)購入と同時
(それ以外は不可)
契約期間 36ヵ月
(経過後は終了)
36ヵ月
(36ヵ月経過後、ソフトバンクより連絡がくる)
補償内容 契約から180日間は無償修理。
その後は自然故障に対しては
90%
意・過失故障に対しては50%を補償。
故意・過失に対しても故障修理費は全額補償。
ただし、故障診断費の30,000円がかかる。

一般モデルでは36ヵ月で終了し、継続できません。終了後にソフトバンクから個別に連絡が行く法人モデルのPepper(ペッパー)とは扱いが違います。
WEBサイトには「故意・過失」についても補償するとありますが、規約には「故意・過失の場合は適用されない場合がある」旨の記載があったり、説明書以外の使い方をした場合(屋外利用での故障、アプリ起因、海外での利用)も対象外との記載があるので、注意が必要です。これは法人モデルと同様です。

いかがでしたでしょうか?
普段なかなか意識しない「故障」や「修理」について、一般モデルのPepper(ペッパー)、法人モデルのPepper(ペッパー)それぞれご理解いただけましたか。

「理解はできたけれど、一般モデル、法人モデル、どっちのPepper(ペッパー)を選ぶのが得策なんだろう…」

やはり法人として活用するのであれば、サポートや修理の体制が良い法人モデルになるかと思います。 弊社ではPepper(ペッパー)の導入支援コンサルティングなども行っていますので、是非お気軽にお問い合わせください。

諸条件によっても異なることもありますので、前編、後編双方の記事を読んで少しでも迷われる事があれば、是非、お気軽にお問合せ下さい。

活用事例・実績多数!Pepper活用事例のご紹介
Pepper活用事例・実績1日からのイベント・レンタルもOK!レンタルサービスのお問い合わせ受付中!
メールでお問い合わせはこちら「いいね!」を押してPepperの活用事例や解説記事の最新情報を入手
facebook
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

[Part 2] Whoa…Pepper’s ****** Cost is too High!? The Necessity of Insurance: Basic Model

This post is also available in: 日本語 (Japanese)

Hello. This is Seikatsu Kakumei’s entertainment PR team! We’re back again as your entertainment hosts, bringing you news and information in an entertaining way that contrasts with Seikatsu Kakumei’s professional image.

うわっ02

Once again, this is very sudden, but there’s a problem.

In what year did the creator of the manga Doraemon, Fujiko F. Fujio, die?








OK! Time’s up.

The correct answer is 1996.

Somehow, it’s already been 20 years… With that, isn’t it strange that a robot like Pepper has been made available for basic sale? (On the contrary, Doraemon is born in 2112, so we’re still a bit early.)

This time, we’re continuing the previous topic of Pepper breakdowns, with information on the basic model.
For information on the corporate model, please also refer to this article.
(Though, I wonder who pays Doraemon’s maintenance fees…)

*This article is based on May 28th’s news. It was written without regard to May 19th’s Android release version, as we did not have information to consider it.

 

What is the Flow of Basic Model Repair Acceptance?

fig_repair_flow
*Taken from SoftBank’s website

The corporate model we explained last time offers a simple exchange, but with the basic model, Pepper is repaired after an initial deposit is made. Then, the repair takes approximately one month. It seems that during the repair period, there is no alternative machine rental, so this is a danger for those who have only one Pepper.

The damaged robot can be sent via shipping company in a storage box with packing, but before shipping, the following preparations are necessary.
・Data backup
・Password reset

When sending it in for repair, data will be reset, and everything will be restored to original shipping conditions. Also, the OS will be upgraded to the most recent version before it is returned.

By the way, in the case of initial failure at the time of purchase, the following applies:
・Check the condition according to the checklist within 21 days, including the day the shipment was placed. As long as it is within 60 days from the date of shipment, SoftBank will repair or replace it at their expense only if the customer sends an inquiry through the support site.

Also, if a broken unit is returned without improvement,
・After repairs, within 14 days from the arrival date, checking the conditions against the checklist, and within 14 days sending an inquiry to the home page, only if your case has been judged as a double breakdown, SoftBank will repair it at their expense.

Of course, if you paint or remodel it, you will be charged.

In other fine details, let’s also take note of the following:
・If there are multiple failure locations, it is not possible to repair it all in one place (all at one time)
・Pepper parts are retained for 3 years after the end of sales (after 3 years from discontinuation, repair is not possible)
・Pepper disposals must be processed through SoftBank’s disposal/collection method (Inquire)

Lastly, how to dispose of Pepper is not something we normally think of, is it?

Robots are normally lined up with other large garbage such as refrigerators, not a very funny situation. On that troubling note, isn’t it nice that a method of disposal has been recommended?

What are the Costs of Repair?

Looking at SoftBank’s website, infuriating things are written.
・Repair fees “may become uncommonly expensive”
・Approximately “300,000 to 700,000 JPY”

Including this, along with shipping, inspection, and diagnostic fees, it’s possible for the fees to add up.

It’s the kind of money that makes people want to shout, “If that’s the case, instead of Pepper I should just get a giant model of R2-D2!”without thinking.

Rest assured, there is a solution.

Even for the basic model, there is an insurance pack offered that reduces the costs of repair.

About Insurance Packs

Actually, for the basic model, insurance subscription is required.

The monthly fee is 9,800 JPY, for 36 months. The corporate model is insurance subscription-optional, so it’s a little different.

The differences between the basic and corporate models are as below.

Model Pepper Basic Model Pepper for Biz Corporate Model
Service Name Pepper Insurance Pack Pepper for Biz Security Insurance Pack
Cost 9,800 JPY/Month
Agreement Required Optional
Availability Time of Pepper Purchase (Not available otherwise) 
Duration 36 Months (after which it expires) 36 Months (SoftBank will contact you after the end of the 36 months)
Compensation Repairs are free within 180 days of purchase.
After that, there is a 
90% discount on repairs not due to user error.
Repairs due to intentional misuse or negligence are performed at a 50% discount.
Repair expenses due to failure (whether deliberate or negligent) are fully compensated. However, a troubleshooting fee of 30,000 JPY is charged.

For the basic model, the insurance pack ends after 36 months and is non-renewable. The corporate model is treated differently in that at the end of the 36 months, SoftBank will contact the user. On the website, compensation is also offered for willful and negligent damages, but the contract includes a statement that it may not be applied in cases of intentional or negligent damage, or in cases where Pepper has been used contrary to instructions (outdoor use, application damage, or overseas use), so take note. This is the same for the corporate model.

How about it?

Have we helped you to understand the repair and breakdowns, basic and corporate, that most of us just don’t think about?

“Well, I understand, but the basic model and the corporate model…I’m not sure which one I should choose…”

All in all, for corporate uses, the corporate model with its great support and repair system is a good choice. At our company, we offer consulting regarding installation support, so please be sure to contact us at your convenience.

Circumstances may differ, so if you have any confusion after reading Part 1 and Part 2, please feel free to contact us.

活用事例・実績多数!Pepper活用事例のご紹介
Pepper活用事例・実績1日からのイベント・レンタルもOK!レンタルサービスのお問い合わせ受付中!
メールでお問い合わせはこちら「いいね!」を押してPepperの活用事例や解説記事の最新情報を入手
facebook
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © (株)生活革命 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.